ニュース

TWISTED SISTERのデンジャラスな名作群が紙ジャケ&SHM-CD仕様で復刻!復活ライヴのDVDも!

トゥイステッド・シスター(TWISTED SISTER)   2011/02/22 20:19掲載
はてなブックマークに追加
 W.A.S.P.と並ぶキョーレツなルックスと、かの“極悪”レミーのオジキも認めるロックンロール・スピリットを内包した、これまたキョーレツなヘヴィメタル。1980年代のアメリカン・ヘヴィメタルを代表するバンドのひとつ、奇才Dee Snider率いるTWISTED SISTER(トゥイステッド・シスター)。近年再び精力的に活動している彼らの名作群が紙ジャケット&SHM-CD仕様で復刻! 7タイトルが2月23日同時発売!

 “デンジャラス”の一言がハマり過ぎるTWISTED SISTERの作品群。今回復刻となるのは、1982年の記念すべき1stアルバム『Under The Blade』、メジャーとの契約で一気に知名度を高めた1983年の2nd『You Can't Stop Rock 'N' Roll』Alice Cooper(アリス・クーパー)Billy Joel(ビリー・ジョエル)Brian Setzer(ブライアン・セッツァー)がゲスト参加してしまった1985年の4th『Come Out and Play』、新機軸を見せた1987年の5th『Love Is for Suckers』、そして復活後に名作『Stay Hungry』(1984)を全曲セルフ・カヴァーした作品『Still Hungry』、ライヴ音源『Club Daze Volume 1: The Studio Sessions』『Live at Wacken: The Reunion』(邦題『ライヴ・アット・ヴァッケン・アンド・モア』)の全7作。『Under The Blade』にはEP『Ruff Cutts』からのテイクとライヴ音源を追加、『アンダー・ザ・ブレイド+ラフ・カッツ+レディング1982』としての登場!


TWISTED SISTER


 作品の内容はもちろん、『Come Out and Play』の飛び出すDee Sniderジャケット(写真上参照)の気合が入った完全再現ぶりや、愛溢れるライナーノーツも要チェック!ぜひ手元に置いておきたい逸品です。

 さらに、完全復活を決定付けた2003年〈Wacken Open Air Festival〉での模様を収めたDVD『Live at Wacken: The Reunion』も初回限定盤(VQBD-10018 税込5,980円)と通常盤(VQBD-10019 税込3,980円)の2ヴァージョンで同日発売!盛り上がること必至のセットリストで送るライヴ映像に加え、貴重なインタビュー映像も収録されたファン必見の映像作品です。初回限定盤はDVD+CDのカップリング仕様。CDには〈Wacken〉より6曲、アルバム・デビュー前のライヴから5曲、1982年のライヴから1曲を収録。各時代の魅力をライヴ音源で確認できるものに仕上がっています。





TWISTED SISTER
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015