ニュース

ピアニスト・若林 顕、ショパンのエチュード全集を発表

若林顕   2018/02/23 11:09掲載
はてなブックマークに追加
 日本を代表するヴィルトゥオーゾ・ピアニストのひとりである若林 顕が、『ショパン: エチュード全集〜作品10, 作品25, 3つの新練習曲』(OVCT-00144 3,200円 + 税)を2月21日(水)にリリース。

 若林は東京藝術大学を経て、ザルツブルク・モーツァルテウムやベルリン芸術大学で学んだピアニスト。1982年に第51回〈日本音楽コンクール〉ピアノ部門第2位、1985年に第37回〈ブゾーニ国際ピアノ コンクール〉第2位入賞を果たし、1987年には22歳で〈エリーザベト王妃国際コンクール〉第2位を受賞。以降、国内外で積極的な演奏活動を展開し、後進の指導にも力を入れています。

 ショパンのエチュードは、若林が近年集中して取り組んできた作品。“練習曲”を意味するタイトルながら精神的にも深い同楽曲は、指の訓練という意味合いの強かった練習曲に芸術性を盛り込んだ点においても、ショパン作品の魅力を示す名曲のひとつとして知られています。

■2018年2月21日(水)発売
若林 顕
ショパン: エチュード全集〜作品10, 作品25, 3つの新練習曲

OVCT-00144 3,200円 + 税

[収録曲]
ショパン:
01. 練習曲op.10
02. 練習曲op.25
03. 3つの新練習曲

[演奏]
若林 顕(p)

[録音]
2017年5月22日〜24日, 6月28日, 8月28日, 29日, 12月21日, 22日 埼玉 富士見市民文化会館 キラリふじみ
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015