ニュース

1943年録音のヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ウィーン・フィル「田園」がCD初登場

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(WILHELM FURTWaNGLER)   2019/02/15 12:28掲載
はてなブックマークに追加
 世界初出音盤(LP)のマスターテープから初CD化された、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(Wilhelm Furtwängler)&ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による『フルトヴェングラー&ウィーン・フィル / 田園(1943)』(KKC-4166 オープン価格)が2月20日(水)に発売されます。

 本作に収められたベートーヴェンの交響曲第6番「田園」は、フルトヴェングラー&ウィーン・フィルが1943年12月に独エレクトローラ(EMI系)へセッション録音したものの、戦時の材料不足のためSP発売が見送られ、さらに52年にはLP用にウィーン・フィルと同曲目の再録音が行なわれたために長らくお蔵入りとなり、71年に世界初出音盤として米ターナバウト・レーベル(VOXプロダクション)からLP(TV-4408)でリリースされた音源。86年にエレクトローラがLPで発売したときのような、第1楽章提示部の反復を“加工再使用”したものではなく、反復なしのオリジナル演奏通りで、原盤のSP11面中4面は別テイクとなっています。このオリジナル演奏通り(反復なし)のマスターテープから、96kHz / 24bitでデジタル・リマスターされ、初めてCDとして発売されるのが本作です。

 本作はボーナストラックとして、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのR.シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」、シューベルトの交響曲第8番「未完成」第1楽章のリハーサルという、2つの希少音源も収録。これらは52年公開のドイツ映画「音楽の大使(フルトヴェングラーと巨匠たち)」で使われた音源で、77年に米エヴェレストから発売されたLP(SDBR-3252)のマスターテープから96kHz / 24bitで変換されています。「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」は、音楽評論家 / 指揮者の故・宇野功芳も絶賛した、巨匠随一の名演です。「未完成」第1楽章のリハーサルは、曲の冒頭から3分強(61小節まで)の練習風景で、巨匠の発言が入っています。市販CDとしては初出となる、超希少音源です。

■2019年2月20日(水)発売
フルトヴェングラー&ウィーン・フィル / 田園(1943)
CD KKC-4166 オープン価格

[収録曲]
01. ベートーヴェン: 交響曲第6番ヘ長調op.68「田園」
02. R.シュトラウス: 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」op.28
03. シューベルト: 交響曲第8番ロ短調「未完成」D.759−第1楽章リハーサル


[演奏]
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮) / ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(01) / ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(02,03)

[録音]
01: 1943年12月22、23日 ウィーン ムジークフェラインザール
02,03: 1951年頃 ベルリン〜1952年ドイツ映画『音楽の大使(フルトヴェングラーと巨匠たち)』サウンドトラックより
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』
[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る
[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』
[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動
[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015