ニュース

WORLD SUPREME FUNKY FELLOWS 2102の新作に大注目!

World Supreme Funky Fellows 2102   2004/11/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 マッシヴ・アタックやトリッキーらのブリストル・サウンド直系なサウンド・メイキングと、ラヴ・タンバリンズを彷彿させる淡いメロディ・センスとが、ハイクオリティで融合するジャパニーズ・ラヴァーズ・ロック・ユニット、WORLD SUPREME FUNKY FELLOWS 2102。エリック・サティを再構築したクールで幻想的なナンバー「#1 DUB」で、まずはメディアやDJを中心に話題を集めた彼らは、2002年にその「#1 DUB」も含むアルバム『2102』(写真)で本格的にデビュー。ブレイクビーツ、ジャズ、レゲエ、ヒップホップ、ブルース、ダブなど世界中に散らばっている様々な音楽ジャンルをクールに料理したその作風は気品さえ感じさせるものと耳の肥えたリスナーを唸らせるものでした。その彼らが、いよいよデビュー作から2年ぶりとなるニュー・アルバム『CROSS THE RIVER』(DDCA-5017 \2,520(税込))をリリース!

 “朝から夜、一日の行動、場所の移動と感情の変化の表現”をコンセプトに制作されたというアルバムは、前作以上にトータルでのストーリー・質感表現が重視されているそうで、ジャケット・ブックレットも視覚的にその世界観に引き込むようなイメージ写真を多用しているとのこと。前作以上に“何処にもない、この先にある音”を目指したというだけあって、今回も聴き応えは十分にあります。リリースは来週11月25日の予定です。

 なお同日には、今までは多少入手しづらかったデビュー作『2102』(DDCA-5009 \2,520(税込))が新品番で再発される予定。どちらもアナタの心を引き込む魔力を持った作品なだけに是非ともアナタもご注目を! これはオススメです!

●『CROSS THE RIVER』
(01) Wake up and start somethin'
(02) Cross The River
(03) Saginuma Chant
(04) Like A Lion
(05) Holoholo
(06) Ephemera
(07) みずいろの雨
(08) A Wanderer DUB
(09) Viridian Moon
(10) Without You
(11) Again
(12) Himawari

●『2102』
(01) #1 Dub
(02) (not for) Lovers
(03) Closer
(04) Feelin' Mellow In The Wild Woods
(05) That's The Way Love Is
(06) Judgement Dub
(07) Scene
(08) Thinking About Your Love
(09) W Dub
(10) Terra Firma
(11) Dunas
(12) Cold Talk
(13) It's Alright
(14) Fourteen
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット
[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー![インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに
[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015