ニュース

WORLD SUPREME FUNKY FELLOWS 2102の新作に大注目!

World Supreme Funky Fellows 2102   2004/11/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 マッシヴ・アタックやトリッキーらのブリストル・サウンド直系なサウンド・メイキングと、ラヴ・タンバリンズを彷彿させる淡いメロディ・センスとが、ハイクオリティで融合するジャパニーズ・ラヴァーズ・ロック・ユニット、WORLD SUPREME FUNKY FELLOWS 2102。エリック・サティを再構築したクールで幻想的なナンバー「#1 DUB」で、まずはメディアやDJを中心に話題を集めた彼らは、2002年にその「#1 DUB」も含むアルバム『2102』(写真)で本格的にデビュー。ブレイクビーツ、ジャズ、レゲエ、ヒップホップ、ブルース、ダブなど世界中に散らばっている様々な音楽ジャンルをクールに料理したその作風は気品さえ感じさせるものと耳の肥えたリスナーを唸らせるものでした。その彼らが、いよいよデビュー作から2年ぶりとなるニュー・アルバム『CROSS THE RIVER』(DDCA-5017 \2,520(税込))をリリース!

 “朝から夜、一日の行動、場所の移動と感情の変化の表現”をコンセプトに制作されたというアルバムは、前作以上にトータルでのストーリー・質感表現が重視されているそうで、ジャケット・ブックレットも視覚的にその世界観に引き込むようなイメージ写真を多用しているとのこと。前作以上に“何処にもない、この先にある音”を目指したというだけあって、今回も聴き応えは十分にあります。リリースは来週11月25日の予定です。

 なお同日には、今までは多少入手しづらかったデビュー作『2102』(DDCA-5009 \2,520(税込))が新品番で再発される予定。どちらもアナタの心を引き込む魔力を持った作品なだけに是非ともアナタもご注目を! これはオススメです!

●『CROSS THE RIVER』
(01) Wake up and start somethin'
(02) Cross The River
(03) Saginuma Chant
(04) Like A Lion
(05) Holoholo
(06) Ephemera
(07) みずいろの雨
(08) A Wanderer DUB
(09) Viridian Moon
(10) Without You
(11) Again
(12) Himawari

●『2102』
(01) #1 Dub
(02) (not for) Lovers
(03) Closer
(04) Feelin' Mellow In The Wild Woods
(05) That's The Way Love Is
(06) Judgement Dub
(07) Scene
(08) Thinking About Your Love
(09) W Dub
(10) Terra Firma
(11) Dunas
(12) Cold Talk
(13) It's Alright
(14) Fourteen
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015