ニュース

WRENCHが12年ぶりのオリジナル・フルアルバム『Weak』を3月にリリース

WRENCH   2019/02/15 13:58掲載
はてなブックマークに追加
 1992年の結成以降ノイズロックからテクノ / トランス、ダブまでを横断する特異なサウンドで活動を続け、90s東京オルタネイティヴ・ロックを代表するベテラン・WRENCHが、ニュー・アルバム『Weak』(CTCR-14958 2,750円 + 税)を3月20日(水)にリリース。発売に先駆けて特設サイトが開設されています。

 同作は、コラボレート企画作品『Drub』(2008)、ライヴ + リミックス集『Edge of Chaos Reconstruction Live & Remixxx』(2011)を挟み、オリジナル作品としては『Nitro』(2007)以来実に12年ぶりのフルアルバム。初期のAmphetamine Reptileスタイルから、フロア・ミュージックにアプローチした00年代以降までを俯瞰し、新しいWRENCHとして再構築したかの如き全10曲を収録。ポリリズミックで複雑な演奏と“ロック”ならではの衝動を併せ持つ内容です。ヴォーカル / シンセサイザーのShigeは「WRENCHとして2度目の1stアルバムをリリースできる感覚です。それだけ熱量が詰まったアルバムになったのではないかと感じています。未来も原点回帰も全部吹っ飛んじゃいました。この作品が完成するまでの全ての出来事に感謝」とコメントしています。

 なお特設サイトでは今後、ミュージック・ビデオやインタビュー記事の公開が予定されています。

■2019年3月20日(水)発売
WRENCH
Weak

CD CTCR-14958 2,750円 + 税

[収録曲]
01. KIRAWAREMONO
02. NOCHINOI
03. Nothing
04. 助詩
05. New World
06. ヘルノポリス
07. 公然スペース罪
08. tORA
09. Sound Wave 2019ver.
10. Future Now?
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015