ニュース

YO-KING、全国ツアー・ファイナルで圧巻のライヴ! 楽しい人はみんなを救った!

YO-KING   2010/12/10 15:35掲載
はてなブックマークに追加
YO-KING、全国ツアー・ファイナルで圧巻のライヴ! 楽しい人はみんなを救った!
 昨日12月9日にYO-KINGの全国ツアー<YO-KING LIFE WORK TOUR 『一瞬の夢』>の最終公演が東京・赤坂BLITZにて行なわれました。今回のツアーは、今年10月に発売されたアルバム『楽しい人は世界を救う』を引っさげての全国10公演。

 開場と同時に1000人を超えるファンが集まり、アルバムの1曲目に収録されている「バランス」からライヴはスタート。続けて「FOREVER YOUNG」「審美銃」とYO-KINGらしいペースで会場を徐々に暖めていく。バンド・メンバーには、インディアンズとしてお馴染みのグレートマエカワ(b / フラワーカンパニーズ)とDUKEアイプチ(ds)、そして渡辺シュンスケ(Key) を迎え、力強く鮮やかなセッションで会場を魅了したかと思えば、MCで会場中を笑いの渦に包みこむトークを繰り広げるといった、演奏もトークも絶妙なアンサンブルを見せていました。

 ライヴ中盤に披露した「星の海」では、ステージのバックに星空が現れ、幻想的な雰囲気の中、YO-KINGの歌声が会場に染みわたる感動的な場面も。そして、麒麟川島明が描いたパラパラ漫画でミュージックビデオが話題になった「世界の元」で、更に会場を魅了。

 ライヴ後半は、8ビートから16ビートと一気に加速し、穏やかな空気が流れていた会場のテンションも上がりまくり。「Hey! みんな元気かい?」で会場の熱は最高潮に。そのままの勢いで本編は終了。

 アンコール1曲目では、大人の色気たっぷりに「泣かないけどね」を聴かせ、YO-KINGが見せる、さまざまな魅力にファンはうっとりしていました。最後に「少しはみなさんに元気をあげられましたか? 僕はみなさんから元気をもらいました。楽しい人は世界を救う! 楽しい君は世界を救う! 楽しいあなたは世界を救う! ありがとう!」とYO-KINGらしい言葉で、感謝の気持ちとメッセージを伝え、ダブルアンコールの「Dream Is Over」でもう1度盛り上げてから、懐かしいコントを彷彿させるかのように、メンバー全員がステージから走りさり、ライブは終了しました。

 19曲+アンコール3曲と全22曲を披露し、2時間をこえるたっぷりの内容でオーディエンスを魅了し続けたYO-KING。始終会場には笑顔が溢れ、アルバムのタイトル通り “楽しい人は世界を救う”ことを実感させられたライヴでした。

 なお、今後YO-KINGは12月28日に行なわれる<COUNTDOWN JAPAN 10/11>に出演することが決定しています。

 
【12/9@赤坂BLITZ セットリスト】
01.バランス
02.FOREVER YOUNG
03.審美銃
-MC-
04.風に別れを
05.カラカラ
06.スペース
07.青空揺れる
08.ゆめうつつ
09.忘れはしない
10.その後の世界
-MC-
11.いつも笑顔で
12.星の海
13.カプセル
14.世界の元
-MC-
17.Hey! みんな元気かい?
18.EVERYBODY NEEDS SOME
19.遠い匂い
 
Enc.1 泣かないけどね
Enc.2 輝く未来のためのショウビジネス
Enc.3 DREAM IS OVER
 
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015