リサーチ

亥年!“映像・音楽の年男/年女”を探せ

2007/01/12掲載
はてなブックマークに追加
今年は“亥年”! ぼたん鍋でもつつきながらチェックしていただきたい、“映像・音楽の年男/年女”をズラリとピックアップしてみました。
 とうとう明けました、2007年。やってきました、亥年! いつになったらドラえもんに会えるのか?『未来世紀ブラジル』のごとき現代社会から目を離しまして、ここはひとつ探してみたい“映像・音楽の年男/年女”! 猪神クラスの大御所から、うり坊クラスのヤングマンまで、新成人に負けず劣らずの豪華な顔ぶれをとくとご覧ください。まだまだ冬眠覚めやらぬ貴方もお試しあれ。(※生年は公式プロフィールを参照※)

●1983年生まれ(昭和58年)

 宇多田ヒカル中島美嘉上原多香子、日本を代表する才女が集う1983年。そうかと思えば、映画『悪夢探偵』(1月13日よりロードショー)の公開が間近に迫る松田龍平、フジテレビ系『水10! オリキュン』(1月17日よりスタート)をはじめ冠番組が続々増加中のオリエンタルラジオ藤森慎吾、昨年末発表された4thアルバム『ORANGE RANGE』も絶好調のセールスを記録しているORANGE RANGE(HIROKI(ヴォーカル)、NAOTO(ギター)、YOH(ベース))といった具合に、男子諸君の活動も輝かしいものばかり。さすがファミコンと同い年だけのことはある! 赤丸急上昇中のお笑い芸人、ハリセンボンマイケル・ムーア似・近藤春菜ももちろんお仲間。

●1971年生まれ(昭和46年)

 小学校を6回卒業可能! 36年ってやっぱり重みを感じます……。一気に年齢&キャリアが増した1971年。ヴァラエティも豊かな、各界での成功者が一同に。現役女医にして元ミス日本の称号にひれ伏しましょう『絶対に笑ってはいけない警察24時!!』でのドS監察医ぶりで衝撃を与えた西川史子、大好物は「ケンタッキーフライドチキン」ものまね芸人・前田健、OL/お笑い芸人/「ビンカン選手権」レギュラー/舞台女優〜何足ものワラジを次々と履き替えるオアシズ・大久保佳代子、愛犬・ソレイユにも目で追ってしまう川原亜矢子、『マリー・アントワネット』でお馴染みソフィア・コッポラ……。性別を越えた“ガーリー”な魅力がムンムンと漂います。

●1959年生まれ(昭和34年)

 ここまできてしまえば完全に脱皮済みの“大人”。地位も名誉も何でもこい、無頼な佇まいが強烈に光る賢人のご登場。WAHAHA本舗をグイッ!と引っ張る姉御肌漁労長・柴田理恵、私的“幻の逸品”コレクター!マンガからワイドショーまで、その活動は多岐にわたる“はた山ハッチ”ことやくみつる、“2時間ドラマの女王”の栄冠は君に輝く!「あてのない旅」という孤高の趣味にも惹かれます片平なぎさ、「毎日!ナマ嘉門!!」毎日更新というヘヴィ・スケジュールも難なくこなす、Mr.替え唄メドレー・嘉門達夫米米CLUB復活→活動続行の報に感激!モリゾー/キッコロとともに愛・地球博を盛り上げた石井竜也など、他の誰にも代えられない唯我独尊オーラに圧倒。

●1947年生まれ(昭和22年)

 その存在感はついに悟りの境地へと! 無言(MUGO・ん)なのに色っぽい、ただそこにいるだけで万事OKという怪物クラスの大物がついに姿を現した! 妖怪名ではアリャマタコリャマタ(水木しげる命名)、魑魅魍魎から通販生活まで、その探究心に限度などありません荒俣宏、今や「五月」というよりは「ぴったん子」なのは間違いない泉ピン子、4コマ・マンガとイコールでつながるのはこの人だけ!宇川直宏フリークも注目する「ンモ〜」の大家・植田まさし、退かぬ!媚びぬ!省みぬ!天から降りてきた熱き血潮の世界覇者・武論尊、ちょいワルどころかホンモノの「ワル」葉巻片手の人生相談案内人・北方謙三、MEGMILKプレゼンツ「栗原さんちのおすそわけ」を年末年始ドカ食いしたら太りました……ワン・ショルダー・エプロンもまばゆい栗原はるみ、と“紳士淑女”見本市はここにあり。

●1935年生まれ(昭和10年)

 そして時代は遥かイスカンダルへ……。「先生」「師匠」「大御所」「神」すべての敬称が生ぬるく感じてしまう1935年産へとうとう到達! その偉業は「CRムツゴロウの動物王国」としても実を結んだ“クレイジー”動物学者・畑正憲、漫画家業50周年!『まんがNo.1』『ライヴ・イン・ハトヤ』復刻のニュースが全国を駆け巡った赤塚不二夫、スピリチュアルな世界から“愛”を届ける伝道師・美輪明宏、ガチンコ!ラーメン道でなければ、男塾でもない“宇宙塾”塾長・矢追純一、「スネ夫」「イヤミ」「殿馬」「ドラキュラ」「勉三さん」ある意味一貫したポリシーを感じてしまう声優人生に拍手を送りたい肝付兼太、本人を前にした瞬間に土下座をしてしまいそうな神々しいお姿。感服のひとこと。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015