リサーチ

マットな手触り、23 Envelope/V23 ヴォーン・オリヴァーとは

2008/02/13掲載
はてなブックマークに追加
コクトー・ツインズ、ピクシーズをはじめとする4ADリリースに、TV ON THE RADIOなど、80'sから現代まで、第一線で活躍し続けるデザイナー、ヴォーン・オリヴァー。その軌跡を追いかけました。

 80'sに黎明期を迎えた“UKインディ・シーン”界隈を牽引する存在感、今もなお鈍い光を放ち続ける4AD。ベガーズ・バンケット傘下第一弾レーベルとして世に誕生したのをはじまりに、UKからUSへ所属アーティストも拡大。まさしく独自の視点から、世にも面白きサウンドを発掘し続けてきたその軌跡は偉大と言える。そして4ADの“カラー”を語る際に忘れてはいけないのが“ビジュアル”。レーベル専属デザイナーとして、多くの作品を手掛けたデザイン・ユニット“23エンヴェロップ(23 Envelope)”メンバー、ヴォーン・オリヴァー(Vaughan Oliver)をご紹介。


 1957年、イングランド・セッジフィールドにて生まれたヴォーン・オリヴァーは、美術学校・Newcastle-upon-Tyne Polytechnicを卒業後、Benchmark and Michael Peters and Partnersというパッケージ・デザイン会社へ入社。ちょうどその頃、4AD主宰者であるアイヴォ・ワッツ=ラッセル(Ivo Watts Russell)と出会ったのだとか。その後、写真家のナイジェル・グリーアソン(Nigel Grierson)と共に、23エンヴェロップを結成、レーベルのビジュアル面を一手に引き受けることとなるのです。



 23エンヴェロップの代表作の一つであり、彼らの最初の作品といえば、1982年にリリースされたコンピレーション・アルバム『NATURE MORTES-STILL LIVES / ネイチャー・モルテス〜スティル・ライヴス〜暗闇の舞踏会』(写真)。当時スタートしたばかりだった4ADに注目し、作品リリースを提案したのはなんと日本。4ADの全面協力のもと、バースデイ・パーティ、レマ・レマ、ザ・ザモダン・イングリッシュバウハウス……あまりにも刺激的ラインナップが揃ったのはもちろん、オリジナル・アナログ盤は日本のみの発売だったため、イギリスのファンの間ではコレクターズ・アイテムとして取り引きされる顛末も。レアな楽曲が収められているのはもちろん、レーベルの持つ個性を如実に表現した、マットな質感が伝わるアートワークに目を奪われた方も多いはず。




 初期の4ADといえば頭に浮かぶのは彼ら、“ポスト・パンク”を代表するバンド、コクトー・ツインズ。パンクからニューウェイヴへと蠢く時代の流れを象徴する、ミステリアスで危険な美意識、頽廃的なそのサウンドは当時も今も異彩を放ちつつ、なぜか惹かれてしまう圧倒的な存在感を放っています。本作は、ベースのウィル・ヘッジー(Will Heggie)脱退後に発表された、デビュー・アルバム『Garlands』に続く2nd(写真)。ロビン・ガスリー(Robin Guthrie、g)、エリザベス・フレイザー(Elizabeth Fraser、vo)、残ったメンバーによって生み出された重苦しくもロマンティックな響き、脆く崩れそうなその世界観は、鬱々とした土褐色アートワークにてさらに増幅されていきます。


 1988年には、ユニット名を“V23”へと改め、現在もパートナーとしてタッグを組むクリス・ビッグ(Chris Bigg)をはじめ、多くのアーティストとコラボレートし、アートワークを発表し続けるヴォーン・オリヴァー。サウンドから得たインスピレーションを執拗なまでに追いかけ、決して肖像を使うことなく、その空気をデザインへと落とし込んだ作品の数々は、ある意味“妄想”の果てに辿り着いたもの、とも呼べるのかも。アーティスト、サウンド、ビジュアル、どれが欠けても成り立たない4ADリリースだからこそ開花した、彼のセンスを今一度味わいましょう。

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015