リサーチ

初見で読むのが難しいアーティスト名は?

2021/05/25掲載
はてなブックマークに追加
最近読めないアーティスト名が多くて困っています(笑)。読むのが難しいアーティスト名をいくつか教えてください。
初見で読むのが難しいアーティスト名は?
 個性を表わすのに大きな役割を果たしているのが、アーティストの名前。近年はネット・シーンの影響もあってか、さまざまに創意工夫した名前のアーティストが見受けられ、なかなか初めてでは読むことが難しいアーティストも多いのではないでしょうか。

 ひとえに読むのが難しいといっても、地名のような難読漢字や英語をはじめ日本語以外の言語を採用しているアーティストは数限りなくいるので、今回はそれ以外の凝ったネーミングのアーティストをいくつか紹介していきます。

 まずは、2021年にメジャー・デビューを果たした“4s4ki”(アサキ)。『けものフレンズ』などの舞台音楽制作や他アーティストへの楽曲提供も行なう才能あふれる新鋭シンガー・ソングライターです。“A”を“4”に寄せた表記にしています。同じように数字を用いるタイプとしては、大阪発の4人組バンドの“8otto”(オットー)や、ボカロPの活動を皮切りに、中川翔子MEG柴咲コウらのプロデュースや楽曲提供を行なうミュージシャン / プロデューサーの“DECO*27”(デコ・ニーナ)、2021年の日本武道館公演で解散となったアイドル・グループの“CY8ER”(サイバー)などがいます。世界的トップDJ / プロデューサーとして知られる“R3hab”(リハブ)やグラミー賞にもノミネートされた米ラッパーの“6LACK”(ブラック)など、海外でもこのタイプは少なくないようです。

 続いて、ロック・バンド“Tempalay”のシンセサイザーを担当するシンガー・ソングライター / トラックメイカーの“AAAMYYY”(エイミー)のようなアルファベットを並べたタイプ。UNISON SQUARE GARDEN斎藤宏介とベーシスト須藤優とのユニット“XIIX”(テントゥエンティ)は、バンド名会議の日付の“10月20日”をローマ数字風に表現したもの。海外ではドレイクらが設立したレーベル「OVOサウンド」に所属して注目されているカナダのR&Bデュオ“dvsn”(ディヴィジョン)や、2010年に全米1位を獲得したファーイースト・ムーヴメント「ライク・ア・G6」に客演したザ・キャタラクスのメンバーで、その後EDMシーンで活躍している“KSHMR”(カシミア)、マッド・リブやJ・ディラらヒップホップ・シーンの重要人物を多く輩出する米レーベル「ストーンズ・スロウ」の看板アーティスト“Mndsgn”(マインド・デザイン)など、DAIGOが使う略語“DAI語”にも似た表記のアーティストも散見されます。

 ここまでは初見でも勘を働かせて読める人も多いかもしれませんが、難易度が高くなるのが記号系のネーミング。本名をモチーフに左右対称の記号としてもデザインされた媚薬系ヴォーカルで人気の“一十三十一”(ヒトミトイ)や、三浦康嗣を中心としたポップ・ユニットの“□□□”(クチロロ)などは序の口。米ロック・バンド“!!!”(一般的に“チックチックチック”と呼ばれている)はフジロックのヘッドライナーも務めるなど来日も多く、知名度もあるとは思いますが、サンフランシスコ発のチルウェイヴ / ウィッチハウス・プロジェクト“oOoOO”(オー)や、シアトル出身のドゥームメタル・バンド“SunnO)))”(サン)、仏エレクトロ・ミュージシャンのFKJ(フレンチ・キウイ・ジュース)にフィーチャーされて話題を集めた米・テキサス州ダラス出身のソウル / R&Bシンガー、ジューン・マリージーによるプロジェクト“ ((( O )))”(ザ・サンドロップ・ガーデン)などは、なかなかスラスラとは読めないはず。2016年〜2019年に活動していたアイドル・グループ“・・・・・・・・・”は公式の呼び名がなく、“ドッツ”“ドッツトーキョー”“てんちゃんズ”などと呼ばれ、メンバーの名前も全員“・”と、ファン以外はかなりの難易度です。

 極めつけは、すんなりとサイト上では表記できない(写真)、ロンドン出身の電子系アーティストのキエラン・ヘブデンによるソロ・プロジェクト“フォー・テット”の別名義と思われるアーティスト名。グルジアのアルファベットやタミル文字などを用いて、発音ができない記号となっており、bandcamp(https://00000ooooo.bandcamp.com/)にある曲名も解読不能。フォー・テットはこれ以外にも“00110100 0101010”や“△”記号を使った“△▃△▓”などの別名義もあり、かなり“クセ”が強いネーミングをするアーティストといえるでしょう。

 かつて、プリンスが男性(♂)と女性(♀)にラッパ風のデザインを組み合わせた記号をアーティスト名にした際、自身が特に読み方を決めなかったことから“ジ・アーティスト・フォーマリー・ノウン・アズ・プリンス”(=かつてプリンスとして知られたアーティスト)や“ジ・アーティスト”などと呼んだことがありましたが、フォー・テットの別名義はもはや別次元でしょうか。

 米津玄師(よねづけんし)やOfficial髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)、IZ*ONE(アイズワン)、“シックストーンズ”と読んでしまいそうなSixTONES(ストーンズ)などは、知名度が高いゆえ今でこそ簡単に読めると思いますが、初見ではたやすく読めないはず。ただ、上記のアーティスト名を見ると、読みがやさしい部類に入るような気になるのが不思議です。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015