リサーチ

松原みき「真夜中のドア〜Stay With Me」の元ネタと思われる曲は?

松原みき   2021/04/13掲載
はてなブックマークに追加
 最近、日本のシティ・ポップ・ブームで松原みきの「真夜中のドア」が取り上げられていますが、以前元ネタがあると聞いたので、知りたいです。
 ドージャ・キャット「セイ・ソー」やザ・ウィークエンドなどの楽曲をカヴァーしてオリジナルのアーティストたちから絶賛された、“ヒジャブ”を纏ってキュートに歌うインドネシアのRainych(レイニッチ)が、竹内まりや「Plastic love」をカヴァーして脚光を浴びたり、韓国のプロデューサー / DJのNight Tempoが“昭和グルーヴ”と謳って日本の歌謡曲のリエディット作品を発表するなど、近年海外で注目されている日本のシティ・ポップ。1979年リリースの松原みきのデビュー・シングル「真夜中のドア〜Stay With Me」は、これまでも多くのアーティストがカヴァーしてきた名曲で、2020年代に入って“シティ・ポップ・ブーム”の代表曲として再び光が当たり、世界各国のサブスクリプションの再生回数でランクインを記録しています。

 同曲は作詞が三浦徳子、作曲・編曲が林哲司で、クレジットにはオフィシャルとして何かをサンプリングや引用したということは書かれていないのですが、アイディアやインスピレーションとして参考にされたと思われる楽曲があります。『007 私を愛したスパイ』のテーマ「Nobody Does It Better」など映画の主題歌や、ディオンヌ・ワーウィックエルトン・ジョングラディス・ナイトスティーヴィー・ワンダーとの共演で発表してヒットした「That's What Friends Are For」(邦題「愛のハーモニー」)などを、当時のパートナーのバート・バカラックとのコンビで手掛けたシンガー・ソングライターのキャロル・ベイヤー・セイガーが歌う「It's The Falling In Love」(邦題「恋をしましょう」)がそれ。1978年のアルバム『...Too』に収録された楽曲で、「真夜中のドア〜Stay With Me」の前年にリリースされました。セイガー版は70年代のAORファンには知られるところですが、知名度としてはマイケル・ジャクソンのアルバム『オフ・ザ・ウォール』に収録されたパティ・オースティンとのデュエット・ヴァージョンが最も知られているといえるでしょう。

 松原みきは癌を患い、闘病の末2004年に44歳の若さで惜しむらくこの世を去りましたが、2020年頃からのシティ・ポップ・リバイバルによって、アルバムが復刻されたり、シティ・ポップ関連のコンピレーション作品に収録されたりするなど、良質の楽曲にあらためて耳目が集まっています。「真夜中のドア〜Stay With Me」以外にも多くの名曲を遺し、また“スージー・松原”の名前でアニメ『Gu-Guガンモ』のテーマ曲「ガンモ・ドキッ!」「ヒョコポン関係」で歌唱を務めるなど“外仕事”でも活躍。いま一度、松原をはじめ、日本のシティ・ポップに注目してみるのも面白いかもしれません。

(写真は、キャロル・ベイヤー・セイガーのアルバム『TOO』)



※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース
[インタビュー] 次世代アーティストの発掘・育成・普及  Eggsプロジェクト[インタビュー] 「勇敢」「希望」「仲間」をテーマに選曲した清塚ならではのディズニー・アルバム
[インタビュー] 大人気ピアノYouTuberが“ノリノリ”と“癒し”の2枚のアルバムでデビュー ヒビキpiano[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015