ニュース

“キャンプトロニカ”バンドno entry、ニュー・アルバム『yes』をリリース

no entry   2014/08/05掲載(Last Update:14/08/27 13:56)
はてなブックマークに追加
 野外フェスティヴァル / レイヴでのジャム・パフォーマンスを中心に活動を続け、2012年リリースの2ndアルバム『FUTURE WITH HOPE』も好評となっている“キャンプトロニカ”バンド、no entry。海外公演の敢行やメンバー・チェンジといった転機を経た彼らが、3rdアルバム『yes』(NESF-003 2,000円 + 税)をリリース。9月3日(水)の発売です。

 ジャム・フィーリングが活きるオーガニックなアンサンブルとドリーミーなサウンドメイキング、人懐こいメロディの歌で紡ぐ、多幸感溢れる楽曲群が魅力のno entry。『yes』は、最新アルバム『Aquarius』が好評のPrimulaが手がける前作収録曲「magic bus」のリミックスや、sphontikとのコラボレート・トラックを含む全8曲入り。前作以上にトロピカルでポップな仕上がりです。

 アルバムの特設サイト(noentry.daa.jp/?page_id=2160)がオープンしているほか、YouTube(youtu.be/MQCohVJ3cys)ではトレーラーも公開されています。

クリックすると大きな画像が表示されます


■2014年9月3日(水)発売
no entry
『yes』

NESF-003 2,000円 + 税

[収録曲]
01. I know
02. heaven
03. 和を愛へ 
04. magical island
05. jump around
06. 夜の太陽
07. magic bus(Primula remix)
08. 春(no entry & sphontik)

no entry
live schedule


・2014年8月2日(土)
“Drumcow vol.99”
神奈川 横須賀 インドレストランカフェ カリカ

・2014年8月8日(金)
“Fainalize x PURPLE FICTION”
東京 青山 fai

・2014年8月9日(土)
“Rhythm9 4th ANNIVERSARY PARTY!”
東京 下北沢 Cafe KICK

・2014年8月24日(日)
“natural smile 2014 - 真夏の安房音楽芸術祭”
千葉 南房総 白浜フラワーパーク

・2014年9月6日(土)
“GREAT TAMA RIVER FESTIVAL 2014”
山梨 平山キャンプ場

・2014年9月13日(土)
“東京タワーTV”
東京 芝公園 東京タワー

・2014年9月20日(土)
“海辺の音楽祭 あわのネ2014”
千葉 南房総 白浜フラワーパーク
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015