ニュース

キャメル ピート・バーデンスの初期ソロ作2タイトルがリマスター盤化

ピート・バーデンス(Peter Bardens)   2010/08/17 14:26掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
キャメル ピート・バーデンスの初期ソロ作2タイトルがリマスター盤化
 英国のプログレッシヴ・ロック・バンド、キャメル(Camel)のキーボード奏者として活躍、2002年に惜しまれつつ他界したピート・バーデンス(Peter Bardens)の初期ソロ作2タイトルがリマスター盤として復刻されます。

 対象となるのは、『The Answer』(1970年 / 写真)、『Peter Bardens』(1971年:米タイトルは「Write My Name in the Dust」)というキャメル結成以前に発表した2枚のスタジオ・アルバム。どちらもブルース・ロックを基本としつつ、キャメルで開花するプログレッシヴな要素も垣間見える作品で、『The Answer』では、変名で参加したピーター・グリーンフリートウッド・マック)のギターとバーデンスのオルガンのバトルが楽しめます。

 今回の復刻は英Esoteric recordingsによるもので、オリジナル・マスタテープからのリマスタリングが特徴。発売は英国にて9月27日に予定されています。

 R&Bやブルースをルーツに、英国独特の叙情性を融合させたオルガン・ロックが味わえる初期ソロ作。新たな仕様でもお楽しみください!


『The Answer』(1970年)

[収録曲]
1. The Answer
2. Don T Goof With A Spook
3. I Can T Remember
4. I Don’t Want To Go Home
5. Write My Name In The Dust
6. Let’s Get It On
7. Homage To The God Of Light

*Bonus Tracks
8. Man In The Moon Village
9. Long Time Coming Village

『Peter Bardens』(1971年)
Peter Bardens

[収録曲]
1. North End Road
2. Writemy Name In The Dust
3. Down So Long
4. Sweet Honey Wine
5. Tear Down The Wall
6. Simple Song
7. My House
8. Feeling High
9. Blueser
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015