ニュース

ジム・オルーク&坂田明の双頭ライヴ・アルバムが発売!

2005/11/16掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ソロはもちろんソニック・ユースウィルコなどの課外活動でも大忙し、先日もベス・オートンのニュー・アルバム『Comfort of Strangers』へのプロデュース参加をお伝えしたばかりのジム・オルーク。世界初のミジンコDVD『ミジンコ 静かなる宇宙(MIJINKO,A Silent Microcosm)』(写真)を先月発表した、学会も認めるミジンコ研究家にしてジャズ・ミュージシャン坂田明。そんな二人がタッグを組んだ双頭アルバム『およばれ/テトロドトキシン』(MTCJ-3026 \2,700(税込))が、12月14日にリリースされます!

 もともと坂田の所属するWha-ha-haの大ファンだったオルークですが、自身が参加するディスカホリック・アノニマス・トリオのライヴで初顔合わせした二人は意気投合、このデアックスな共演が決定したとか。

 収録されているのは、2005年4月に新宿ピットインで2日間にわたって行なわれた“SAKATA/O'ROURKE TOKYO SESSION”第一夜の模様。クリス・コルサーノ、ダーリン・グレイ、吉見征樹、そして坂田明の息子である坂田学(ex.Polaris)らが参加して繰り広げるフリーキーな集団即興を録音したライヴ音源に、オルークがニューヨークの自宅スタジオにて新たなサウンド・トリートメントを施した“ドリーム・ヴァージョン”とのこと。オルークお得意のスタジオ・マジックによってこそ成し得た、まさに“ポスト・ジャズ”な一枚です。なお、同ライヴの第二夜の音源を素材としたアルバム(吉見は不参加)も、2006年春に予定されていますのでお楽しみに。

『およばれ/テトロドトキシン』(MTCJ-3026 \2,700(税込))
01. こんだて/luciferin
02. きんべん/deficiency
03. かばん/crotlotoxin
04. こうもりがさ の しゅうぜん/syuzen
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015