ニュース

宅見将典、第65回グラミー賞最優秀グローバル・ミュージック・アルバム部門受賞

宅見将典   2023/02/06 12:42掲載
はてなブックマークに追加
宅見将典、第65回グラミー賞最優秀グローバル・ミュージック・アルバム部門受賞
 作曲家、編曲家として活動している宅見将典が、“Masa Takumi”名義で9月1日にリリースしたソロ・アルバム『Sakura』が、日本時間2月6日(月)に行われた第65回グラミー賞授賞式の最優秀グローバル・ミュージック・アルバム部門にて同賞を受賞しています。

 バーナ・ボーイやアニューシュカ・シャンカールアンジェリーク・キジョーなど世界的なアーティスト達が名を連ねる競合揃いのグローバル・ミュージック部門(旧ワールドミュージック部門)において日本人の受賞は初めての快挙。日本の伝統楽器を中心に創り、日本文化の美意識とアメリカン・サウンドを融合してできた本作品がグラミー賞に認められました。

 宅見自身は「日本人の作曲家として、この名誉ある賞を受賞できた事を誇りに思う。自分を育ててくれた日本の音楽業界、また迎え入れてくれたアメリカの音楽業界に感謝したい」と語っています。

 宅見は、日本のみならず海外アーティストの楽曲も多く手がける作曲家であり、過去にも、Sly & Robbie and The Jam Mastersのメンバーとして参加したレゲエ・アルバムが第56回グラミー賞(R)にノミネートされた経験を持ち、日本ではAAA「CALL」やDA PUMP「P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜」の作曲、編曲で日本レコード大賞・優秀作品賞を受賞するなど精力的に活動をしています。

[コメント]
今、世界中で沢山の悲しい出来事が起こっています。そんな中、誰もが持つそれぞれの心の中にある美しい花を咲かせて欲しいと願ってこの作品を作曲しました。また日本人として、その花をSakuraと名付けました。日本の伝統楽器である箏、三味線のみならず、二胡やバンブーフルート、また世界各国のパーカッションなども取り入れ創り上げたこの「Sakura」が皆さんの心の中で咲く事を願っています。
――宅見将典 Masa Takumi

拡大表示


拡大表示

撮影: 下條 祐美 / Gejo Yumi

Masa Takumi『Sakura』配信URL
biglink.to/sakura
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マイアミ・ソウルの秘宝クラレンス・リード TKプロダクション期をコンパイル [対談]黒田大介×the Shark[インタビュー] kiki vivi lily 豪華メンバーが集結した待望のニューEP
[インタビュー] 今、最も目が離せない!ガールズ・バンドの急先鋒、THE LET[インタビュー] “沖縄の音楽”を今の視点でアーカイヴ化。5枚組ボックス・セット『沖縄の音楽 記憶と記録』
[インタビュー] 浅利史花  気鋭のジャズ・ギタリストが、伝説のギタリスト、エミリー・レムラーに捧げる新作を発表[インタビュー] 紫 日本のロックの礎を築いた沖縄のバンドが、Char、BOWWOW G2とともに伝説のライヴを再現
[インタビュー] 走り続けるtha BOSS、2作目のソロ・アルバム完成[インタビュー] KERA、還暦記念ライブ直前インタビュー(よりぬき版)
[インタビュー] illiomote 新たなモードのサウンドを詰め込んだEP[インタビュー] ピアノYouTuberみやけん 待望の3rdアルバム!
[インタビュー] 加古 蓮/袈福新映像を追加した〈NHKスペシャル「映像の世紀コンサート」〉の聴きどころ見どころ[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015