ニュース

清水一登、石原雄治、武田理沙からなるダブル鍵盤トリオ“APOSTROPHE”、レコ発ライヴを開催

2023/03/28 14:01掲載
はてなブックマークに追加
 今年1月に1stアルバム『SPANNUNG』を発表した、清水一登石原雄治武田理沙からなるダブル鍵盤トリオ“APOSTROPHE”が、東京・渋谷公園通りクラシックスにて5月8日(月)にレコ発ライヴを開催します。

 APOSTROPHEは、2017年頃に結成され、都内ライヴハウスを中心に活動。ピアノ奏者は、チャクラキリングタイム仙波清彦率いるはにわちゃんを経て、89年にAREPOSを結成、2005年にはヒカシューにも参加するほか、CMや映画、舞台音楽など、幅広く活動する作・編曲家 / マルチ奏者の清水一登と、即興演奏、映像作品とのコラボ、フランク・ザッパのピアノ・カヴァーなどが好評を博し、作・編曲、演奏、録音などの全てを一人で手掛けたアルバ厶『Pandora』(2018)、『Meteoros』(2019)、『魔術師の城』(2022)やマニ・ノイマイヤーとのデュオ作『CHILLOUT EXTREME』(2021)を発表した気鋭インプロヴァイザー、武田理沙の2名。ドラムは、不定形即興集団feat.ツタンtheカーメンズを主催し、近年では主にドラムセットを使い、「擦る」「叩く」「弾く」「転がす」を主体とした演奏方法を用いて、さまざまなバンドやミュージシャンとの共演を果たす傍ら、自身のソロ・アルバムなどの作品を発表している石原雄治。国内屈指のインプロヴァイザーが集結し、確かな技巧を基盤にしつつも、限りなく自由に展開していく、緊張感とユーモラスな魅力を兼ね備えたサウンドを誇るトリオです。

 ノイズ〜プログレ界の鬼才ドラマー、吉田達也が録音を務めた1stアルバム『SPANNUNG』は、2022年6月21日に公園通りクラシックス公演にて行なわれた、圧巻の2台グランドピアノとドラムによるライヴ模様を収録したもの。5月8日は、3人がどのような音饗宴を繰り広げるのか期待がふくらみます。なお、チケットなどの詳細は、公園通りクラシックス公演のホームページをご確認ください。

APOSTROPHE 1stアルバム「SPANNUNG」レコ発ライヴ
清水一登(pf)
石原雄治(ds,perc)
武田理沙(pf,syn,effect)

開場19:00 / 開演19:30
予約3,000 / 当日3,500
koendoriclassics.com/events
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 橋本徹(SUBURBIA)コンパイラー人生30周年記念 ベスト・オブ・ベスト・コンピレーション[インタビュー] マイアミ・ソウルの秘宝クラレンス・リード TKプロダクション期をコンパイル [対談]黒田大介×the Shark
[インタビュー] kiki vivi lily 豪華メンバーが集結した待望のニューEP[インタビュー] 今、最も目が離せない!ガールズ・バンドの急先鋒、THE LET
[インタビュー] “沖縄の音楽”を今の視点でアーカイヴ化。5枚組ボックス・セット『沖縄の音楽 記憶と記録』[インタビュー] 浅利史花  気鋭のジャズ・ギタリストが、伝説のギタリスト、エミリー・レムラーに捧げる新作を発表
[インタビュー] 紫 日本のロックの礎を築いた沖縄のバンドが、Char、BOWWOW G2とともに伝説のライヴを再現[インタビュー] 走り続けるtha BOSS、2作目のソロ・アルバム完成
[インタビュー] KERA、還暦記念ライブ直前インタビュー(よりぬき版)[インタビュー] illiomote 新たなモードのサウンドを詰め込んだEP
[インタビュー] ピアノYouTuberみやけん 待望の3rdアルバム![インタビュー] 加古 蓮/袈福新映像を追加した〈NHKスペシャル「映像の世紀コンサート」〉の聴きどころ見どころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015