ニュース

イレイジャー、カントリー・スタイルのセルフ・カヴァー集を発売

2005/12/06掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 デペッシュ・モードヤズーと渡り歩いてきたエレポップ職人ヴィンス・クラークが率いるデュオ、イレイジャー。今年1月に最新作『ナイトバード』を発表したばかりのその彼らから早く新作が届けられることに! なんと最新作は、新たにカントリー&ウエスタン・スタイルにリアレンジされたセルフ・カヴァー集となるそうです!

 『Union Street』と題された本作には、『ザ・サーカス』から『Loveboat』までのアルバム8タイトルに収録されていた楽曲を、新たにカントリー&ウエスタン・スタイルのアコースティック・ヴァージョンへとリアレンジされた全11曲が収録。アルバム名にもなったブルックリンのスタジオ“Union Stree”などにてレコーディングされ、そのスタジオの所有者であり、プロデューサーとしても活躍しているギタリストのSteve Walshが本作の最大の特徴であるギターを弾いています。アルバムはUKにて2006年4月3日を予定。エレポップの代表格とも言える彼らの大きなチャレンジにご注目ください!

 なお、ヴォーカルのアンディー・ベルは初ソロ作『Electric Blue』を先日発表済。こちらもファンならお忘れなく!

『Union Street』
(01) Boy(『Cowboy』)
(02) Piano Song(『Wild!』・写真)
(03) Stay With Me(『Erasure』)
(04) Spiralling(『The Circus』)
(05) Home(『Chorus』)
(06) Tenderest Moments(『Run To The Sun』)
(07) Alien(『Loveboat』)
(08) Blues Away(『I Say I Say I Say』)
(09) How Many Times(『Wild!』)
(10) Love Affair(『Cowboy』)
(11) Rock Me Gently(『Erasure』)

*()内はオリジナル収録作
続報
イレイジャー最新作、US盤も発売決定
US盤は4月18日に予定されています。
[ 2006/03/06掲載 ]
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015