ニュース

日本人アーティストによるR.ストーンズの“直球”トリビュート

2006/01/10掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 『ア・ビガー・バン』(写真)を引っ提げての来日が決定、デッカ/ロンドン時代のカタログ紙ジャケ化など、関連作品のリリースも相次ぐザ・ローリング・ストーンズ。彼らのトリビュート・アルバムは多数存在しますが、“ありそうでなかった”というトリビュート作が登場します。

 『RESPECT THE STONES』(GNCL-1049 税込\2,940)というタイトルのこのアルバム、元ストリート・スライダーズHARRYDIAMOND☆YUKAIシーナ&ザ・ロケッツTHE MODSなどなど、誰もが納得できる日本人アーティストが集結しています。内容も奇を衒わず、ロック・ファンが求めるストレートな内容に仕上がっているとのこと。

 選曲も王道からマニアックなものまで網羅、ライナー・ノーツはストーンズの大家として著名な越谷政義氏と、ファンならニヤリとさせられる内容と思われます。この『RESPECT〜』、発売はジェネオン エンタテインメントより3月8日の予定です。
続報
『RESPECT THE STONES』詳細判明、イベントも
『RESPECT THE STONES』の正式な収録曲が判明しました。また、発売に合わせてイベントも行なわれますので、ともに下記でご確認ください。

●『RESPECT THE STONES』収録曲
01. (I Can't Get No) Satisfaction/THE PRIVATES
02. Rip This Joint/ズボンズ
03. Jumpin' Jack Flash/THE MODS
04. Miss You/Shun Kikuta Band
05. Angie/ダイアモンド☆ユカイ
06. Happy/HARRY
07. Heart Of Stone/シーナ&ザ・ロケッツ
08. Midnight Rambler/The Blues Power(永井“ホトケ”隆)
09. Gimme Shelter/JUNGAPOP
10. Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker)/THE SONS
11. Live With Me/池田祐司のShowerZ
12. Shine A Light/三代目魚武濱田成夫

<LIVE ! RESPECT THE STONES !! 〜ストーンズ・ナイト〜>
3月8日(水) 東京・初台 ザ・ドアーズ
料金:前売 \4,500/当日 \5,000(ともに税込/別途ドリンク代\300)
問:ザ・ドアーズ
出演:鮎川誠&シーナ(シーナ&ザ・ロケッツ )/是永巧一(JUNGAPOP)/鮫島秀樹(THE SONS)/ダイアモンド☆ユカイ/ドン・マツオ(ズボンズ)/永井ホトケ隆/三代目魚武濱田成夫/HARRY(元ストリート・スライダーズ)/市川“JAMES”洋二(元ストリート・スライダーズ)/THE PRIVATES/蓑輪単志(JUNGAPOP)/ロジャー高橋(THE SONS) ほか ※五十音順
[ 2006/03/01掲載 ]
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015