ニュース

「電線音頭」「ルパン音頭」他オモシロ系音頭大集合!音頭コンピCD発売

2006/06/23掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 クラブで踊るのもいいけれど、日本人ならやはり夏は“やぐら”の周りをグルグルと回り踊りたくなるはず! そんな盆踊りには欠かせない音頭のなかから、オモシロ系音頭を集めた音頭コンピレーション・アルバム『日本の夏』(VICL-62016 \2,500(税込)・写真)が発売されます!

 ザ・ビートルズの名曲を音頭化させた金沢明子の「イエロー・サブマリン音頭」や、名バラエティ番組『みごろ!たべごろ! 笑いごろ!!』が生んだデンセンマン(デザインは石ノ森章太郎!)と“ベンジャミン伊東”こと伊東四朗らが歌った「デンセンマンの電線音頭」など音頭史に残るヒット曲をはじめ、大屋政子の「政子ちゃん音頭」、山本リンダの「ウブウブ(リンダ音頭)」、渥美清の「寅さん音頭」、菅原文太愛川欽也の「トラック音頭」といった自身や映画の役を歌ったもの、そして、三波春夫の「ルパン音頭」のほか、「オバQ音頭」「ゴジラ音頭」といったキャラもの系音頭も収録。さらに小川直也の「ハッスル音頭」や、松平健の「マツケンサンバII音頭」といった比較的新しめの音頭も収録された強力なコンピ盤となっています。ジャケットには日本の夏といえば金鳥の夏!と言うことで、お馴染みの「金鳥」マークを採用。“日本人なら音頭で踊れ!”が合言葉な本作、発売は7月20日を予定されています。


『日本の夏』(VICL-62016 \2,500(税込))
01. 夏の打上花火
02. イエロー・サブマリン音頭 <挿入曲>抱きしめたい(J.Lennon - P.McCartney)〜錨を上げて(Zimmerman - Miles)〜軍艦マーチ(瀬戸口藤吉)×2回〜おこさ節(民謡)〜Bye Bye Birdie(C.Strouse - L.Adams)(金沢明子)
03. デンセンマンの電線音頭(デンセンマン/伊東四朗/小松政夫)
04. 政子ちゃん音頭(大屋政子/ボニー・ジャックス)
05. ウブウブ(リンダ音頭)(山本リンダ)
06. UFO音頭(大泉滉/ザ・ブレッスン・フォー)
07. 地下鉄音頭(春日三球・照代/囃子:照井幸治・山口省二)
08. 寅さん音頭(渥美清)
09. トラック音頭 (菅原文太/愛川欽也)
10. ブラジル音頭 (殿さまキングス)
11. ハワイ音頭 (殿さまキングス)
12. エリマキとかげっこ音頭 (ビートきよし)
13. オバQ音頭 (曾我町子/石川進)
14. ゴジラ音頭 (ビクター少年民謡会(三代目))
15. ルパン音頭 (三波春夫)
16. 日本全国お疲れさん音頭 (金沢明子)
17. 日本全国酒飲み音頭 '86(一気版)(バラクーダー)
18. 飛びます音頭 (坂上二郎)
19. ハッスル音頭“キャプテン・ハッスル”小川直也(“キャプテン・ハッスル”小川直也)
20. マツケンサンバII音頭(松平健)
21. 金鳥うず巻音頭(小柳ルミ子)
22. 夏の打上花火
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015