ニュース

ボーイ・ジョージ抜きの新生カルチャー・クラブ、本格的に活動開始!

2006/10/16掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 グループの顔であったボーイ・ジョージに代わり新たなヴォーカリストを迎えたカルチャー・クラブがいよいよ本格的に始動! 12月より英国をまわるツアーを行ないます。

 ボーイ・ジョージに代わる新ヴォーカリストとしてグループに招かれたのは、サム・ブッチャー(Sam Butcher)なる29歳の男性。すでに今夏に新ヴォーカリストに決まっており、プレス向けのお披露目イベントには出演していましたが、いよいよ本格的に活動開始。12月よりロンドン、マンチェスター、リヴァプール、グラスゴーなどにてライヴを行なう予定です。なお、この新生カルチャー・クラブは、「Culture Club Reborn」と名乗っているようで、他のメンバーはオリジナル・メンバーのジョン・モス、マイキー・クレッグ、そしてフィル・ピケットとなっています。

 ちなみにボーイ・ジョージは今回の件について「恐ろしい」と激しく批判しており、また「(それら曲は)私の歌です。私の心、生きがいとも言うべきものです。」とコメントしています。(写真は代表作ボーイ・ジョージ在籍時代の『カラー・バイ・ナンバーズ』
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015