ニュース

ディオを含むブラック・サバスが復活! ただし名義は……

2006/10/26掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ロニー・ジェイムス・ディオ(vo)、トニー・アイオミ(g)、ギーザー・バトラー(b)、ビル・ウォード(ds)というラインアップの復活が正式に発表され、2007年初頭からツアーを行なうことになりました。これはもちろん、ヘヴィ・メタル史上に残る傑作『ヘヴン・アンド・ヘル』(写真・80年)を制作した際のブラック・サバスと同じ編成。ただし今回の再結成ではサバスの名前は使わず、“Heaven and Hell”という名義で活動するとしています。

 このウワサは、サバスの新たなボックス・セットのためにロニーとトニーが新曲を作ることになったため、昨年から頻繁に囁かれていました。さらに、今年の9月末にはスペインのウェブ・マガジンが“再結成し、来年夏にいくつかのフェスティヴァルに出演する”との情報を掲載。その真偽に注目が集まることになります。今回の発表によると、複数のプロモーターからアプローチがあったことにより、真剣に再結成について話しはじめ、決定に至ったとのこと。ツアーの日程などはまだ発表されていませんが、ファンは来日公演の実現に期待しましょう。

 なお、オジー・オズボーン側はこの件に関して「ブラック・サバスとは無関係」とし、「ブラック・サバスはひとつだけ。オジー、トニー、ギーザーとビルは新しいブラック・サバスのアルバムを携えて、来年の終わりにツアーを行なう。しかしながら、オジーはロニーとトニーによるプロジェクトの大きな成功を祈っている」とのコメントを発表しています。
続報
ディオらの“Heaven and Hell”、B.ウォードは不参加
 『ヘヴン・アンド・ヘル』期のブラック・サバスと同じ編成で活動する、とされていたHeaven and Hellですが、ドラマーのビル・ウォードは参加しない模様。ビルが自身の公式HPで明らかにしたところによると、新曲のレコーディングにもツアーにも加わらないとのことで、“彼らの成功を祈る”というコメントを発表しています。どうやらドラムをプレイするのはヴィニー・アピスのようです。
[ 2006/11/27掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015