ニュース

ホッピー神山、吉田達也+ソフト・マシーンの“ソフト・マウンテン”遂にリリース決定!

2006/11/22掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 1960年代後半から活動していたカンタベリー・ミュージック界、すなわちサイケデリック/プログレッシヴ・ロック/ジャズ・ロック界の重鎮バンド、ソフト・マシーンエルトン・ディーン(サックス)とヒュー・ホッパー(ベース)、PINKのキーボーディストであり、大友良英やレック(フリクション)とのOPTICAL-8PUGSの中心人物であるホッピー神山に、RUINSワールド・ヘリテッジPAIN KILLERなどで知られる吉田達也という布陣で結成されたユニット、ソフト・マウンテンのアルバム『ソフト・マウンテン』(MAR-061215 \3.000(税込))が12月20日にベル・アンティークからリリースされます。(写真はワールド・ヘリテッジ『北回帰線(Tropic Of Cancer)』)
 このアルバムは2003年にレコーディングされ、当時より神山・吉田両氏のライヴなどでリリース告知がなされるも、まったくリリースされず、さらに2005年12月にはいったん正式なリリース情報があったにも関わらず発売中止とアナウンスされたという、プログレッシヴ・ロック・ファンの中ではいわくつきの、まだ見ぬ幻の名盤として発売が待たれていた競演作品。もちろんユニット名はソフト・マシーンとホッピー神山のレーベル名でもある“ゴッド・マウンテン”を由来として命名されています。

 ロックを志向しつつも、突然変異的に先鋭化していった代表的アーティストである4人がぶつかり合った期待のアルバム。これを買わずに年を越せないファン続出必至の1枚です。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015