ニュース

マクラフリン&パストリアス&ウィリアムスによる幻の音源が発売に

2007/07/06掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 1979年にHavana Jam出演のために結成された、ジョン・マクラフリン(g)、ジャコ・パストリアス(b)、トニー・ウィリアムス(ds)によるトリオ・オブ・ドゥーム。なんと、このスーパー・グループのアルバムが28年の歳月を経て発表されることになりました。タイトルも『トリオ・オブ・ドゥーム』(写真)というこの作品、US盤はリリースされたばかり、そして日本盤(SICP-1513 税込\2,520)は8月22日の発売予定です。

 全10曲を収録している今作、『ハヴァナ・ジャム』『ハヴァナ・ジャム2』で聴くことのできる3曲を除き、7曲は未発表の音源です。5曲のライヴ音源とニューヨークでレコーディングされたスタジオ・テイク3曲、そして2曲のオルタネイト・テイクで構成。監修はメンバーで唯一存命中のマクラフリンが行なっています。幻とも言える音源の発表だけに、ジャズ・ファンは注目です。

 なお、7月18日には、パストリアスの最新ベスト盤『エッセンシャル・ジャコ・パストリアス』リリースに。レーベルの垣根を越えた選曲になっていますので、コチラもあわせてどうぞ。


●『トリオ・オブ・ドゥーム』収録曲
01. ドラム・インプロヴィゼイション(ライヴ) ※
02. ダーク・プリンス(ライヴ) ※
03. コンティニューム(ライヴ) ※
04. パラ・オリエンテ(ライヴ) ※
05. アー・ユー・ザ・ワン?(ライヴ) ※
06. ダーク・プリンス (スタジオ・テイク)
07. コンティニューム (スタジオ・テイク)
08. パラ・オリエンテ (オルタネイト・テイク1 - スタジオ・テイク) ※
09. パラ・オリエンテ (オルタネイト・テイク2 - スタジオ・テイク) ※
10. パラ・オリエンテ (スタジオ・テイク)
※:未発表音源
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015