ニュース

遊助、お盆に里帰り! 横浜スタジアム3万人ライヴ!

遊助   2010/08/16 14:45掲載
はてなブックマークに追加
遊助、お盆に里帰り! 横浜スタジアム3万人ライヴ!
 昨年のシングル総売り上げ枚数(ソロアーティスト部門、新人アーテスト部門)NO.1に続き、2010年もシングル「ライオン」「ミツバチ」でオリコンチャート1位、2位の大ヒットを記録した遊助が8月14日(土)、夏の一大イベント<オイラの村ですケド。>を横浜スタジアムにて開催!

 3万枚のチケットが瞬時にソールドアウトしたこのイベントは、大阪や名古屋からはツアーバスも運行されるなど、全国から遊助ファンが詰めかけました!

 
 「横浜スタジアムの皆さん、すみません! 完全に阪神カラーになってしまいました」と遊助が言うように、会場全体が、今年発売になったCDシングルのジャケットをモチーフにした黄色(遊助のラッキーカラー)と黒色で埋め尽くされた今回のライヴ。横浜スタジアムを一つの“村”とし、座席のブロックを“上地○丁目”と名付け、スタッフも含め3万人を超える“村人”全員が楽しめるように、さまざまな企画が満載に!

 ライヴ冒頭では、先月発売になったばかりのシングル「ミツバチ」を歌い、会場のボルテージは早くも最高潮。さらに、3万人の前で“生着替え”も披露し、遊助ならではのパフォーマンスで、会場を魅了!

 また、ライヴ後半では、現在、主演中のフジテレビ系ドラマ『逃亡弁護士』とのコラボ、ドラマさながらのサイレンが会場中に響きわたる中、ドラマの役柄“成田誠”に扮した遊助が登場、同ドラマの挿入歌である「ESCAPE 遊turing 成田誠」を披露するサプライズも! 本編の最後は、「俺の原点であり、皆にありがとうを伝えるために作った曲」(遊助)と、デビュー曲「ひまわり」で締めくくりました。

 アンコールではリリーフカーで登場、会場を一周するなど、遊助流のサプライズが至るところに用意された<オイラの村ですケド。>。「これが俺の精一杯です」と本人が話すように、今の“遊助”をすべて出し尽くしたライヴとなりました!


オイラの村ですケド。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』[特集] 半美子、今こそ“心のふるさと”に帰ろう、半美子初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015