ニュース

オークランド産スラッジング・ドゥーマーBRAINOIL、久々のニュー・アルバムをリリース!

2011/06/28 14:52掲載
はてなブックマークに追加
オークランド産スラッジング・ドゥーマーBRAINOIL、久々のニュー・アルバムをリリース!
 NEUROSIS(ニューロシス)、DYSTOPIAを筆頭に、FILTHより連なる異常バンドが多数輩出、現在も個性豊かなバンドたちが蠢く米カリフォルニア州オークランドのハードコア・シーン。その土壌から1990年代に登場したスラッジ / ドゥーム・メタル・バンド、BRAINOILが、2008年の1stアルバム『Brainoil』以来なんと8年ぶりとなるニュー・アルバム『Death Of This Dry Season』(写真)をリリース! 米20 Buck Spinよりヴァイナル・オンリーで8月2日に発売予定。

 レイト90s〜00sにかけて登場したスラッジ / ドゥーム勢の中でも、カンザスのWORMWOOD、シアトルのTEEN CTHULHUらと並び強烈な印象を残したBRAINOIL。首謀者Greg Wilkinson(b, vo)は昨年BLACK GANIONとのスプリットをリリース、ジャパン・ツアーも行なったエクスペリマンタル・ドゥーマーLAUDANUMに一時在籍していましたが、いつの間にか脱退。Nathan Smith(g)は日本ではCOFFINSとのスプリットでもおなじみ同郷の最強メタル・クラストSTORMCROWで活躍していたものの、こちらも脱退。Ira Harris(dr)は現在もWATCH THEM DIEに在籍中ですが、BRAINOILに本腰が入ったということで嬉しい限り。DYSTOPIAの血脈を受け継ぐ殺伐スラッジング・ドゥームに期待です!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴動祭』[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015