ニュース

ブラジルの大御所が、ぞくぞくと来日! わくわくと発売!

2003/07/11掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 最近のお洒落なカフェブームには目に余るものがありますな! ぷんぷんっ!! もちろんお洒落なジャズボッサは大好きだけんど、ボサノバもショーロもMPBも同じ括りで全てお洒落に解釈されちゃったらたまらんわい! でも、こうしたリラクゼーション&カフェブームのおかげで、ブラジル音楽は異常な盛り上がりを見せ、信じられないくらいの大御所の来日公演がぞくぞくと決定してるのは嬉しいかぎりです。それに合わせ、CDも素敵なアイテムが、先月あたりから出るわ出るわで買うのも大変! 今日はそんなブラジル音楽の情報を紹介しようと思って筆をとりました。

 まずはこちらのニュースでもお伝えしたジョアン・ジルベルトの初来日が何と言っても凄いです! ただ東京国際フォーラムといった大きなホールで、ジョアンの“声とギター”だけの魅力がどこまで伝わるのか心配ですが。

 続いて、ミルトン・ナシメントが9月22日に来日します。昨年は5年ぶりのオリジナル・アルバム『Pieta』も出ましたし、今年の5月にベスト盤も出た。そして我はこの日を待ってたど! 7月23日に1967年にミナスのインディ・レーベルCodilに残した伝説のデビュー・アルバム『トラヴェシーア』(OMCX-1101 \2,100(税込))がやっとこさCD化されます! しかもデジタル・リマスタリング! これがメチャメチャいいんですよ〜! 名曲『トラヴェシーア』はトゥーツ・シールマンスの『ブラジリアン・プロジェクト』での感動の名演も忘れられませんが、オリジナルの瑞々しさは唯一無二! 筆者はMPBではこの曲が1番好きですね。ミルトン・ナシメントもそうだけど、今年の5月にはトニーニョ・オルタの80年の2nd(写真)がCD化になったし、ミナス地方の音楽にもようやくスポットが当たってきました! ブラジルはボサノバだけではありませんよ。

 続いてブラジル音楽を世界に広めた立役者でもあるセルジオ・メンデスも9月1日に負けじと来日! 彼もまた再発が熱望されていたBELL時代の2作品が今年の5月に出たばかり。洗練された才覚に惚れ直してた矢先の来日。常に時流と寄り添い活動して来た彼の、新しい“ブラジル2003”の公演はどんなステージになるのか?
 そして、お馴染み、ボサノバ第2世代を代表するジョイスも7月21日から来日! 毎回、様々なアーティストを連れてくる所が彼女の公演の楽しみでもあるのですが、今回のお相手は何とカルロス・リラ! ジョビンと並ぶボサノバの巨星、14年ぶりの来日となります。これは是非観ておきたい!ジョイスの方は6月18日にジョアン・ドナート、ジョニー・アルフ、ワンダ・サー、トニーニョ・オルタなど豪華ゲストを迎えた『ボッサ・デュエッツ』(SICP-388 \2,730(税込))を発売。さらに7月16日に新作『ジャスト・ア・リトル・ビット・クレイジー』(COCB-53067 \2520(税込))が出るなど、惜しみなく作品を出しまくってますので、チェックをお忘れなく!

 ジョイスと同じく英国ファーアウトから新作『コントラスツ』(COCB-53069 \2,520(税込))をリリースしたマルコス・ヴァーリも若い者に負けるかと言わんばかりに10月に来日決定! 名曲「サマーサンバ」で有名なマルコスも、近年ではイギリスのクラブシーンから再評価熱が高まり、先鋭的なサウンドを聴かせてマス。今回はフレンチ・ポップ&ジャズの歌姫クレモンティーヌとのジョイント・ライヴとの事で、いつもと違うマル様が聴けそう!

 
 しかしこれだけのアーティストが同時期に来日するんだから、何かみんなで集まって大ブラジル・イベントでもやってほしいものですが、いかがなものか?

ミルトン・ナシメント 9/22&9/23、9/25〜9/27 
セルジオ・メンデス&ブラジル2003 09/01〜09/06
ジョイス&カルロス・リラ 07/21〜07/26
マルコス・ヴァーリ 10/8〜13

※全てブルーノート東京での公演です。
チケットのお問い合わせはブルーノート東京 公式HPからどうぞ。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015