ニュース

DCT、Perfume、KARA、リンゴ・スター出演! 〈U-EXPRESS LIVE 2013〉をレポート

2013/03/04 16:11掲載
はてなブックマークに追加
DCT、Perfume、KARA、リンゴ・スター出演! 〈U-EXPRESS LIVE 2013〉をレポート
 ユニバーサル ミュージックが主催したグローバルなライヴ・イベント〈U-EXPRESS LIVE 2013〉が3月2日(土)、幕張メッセで開催。“are U ready?”をキャッチコピーに掲げた同イベント、国内からDREAMS COME TRUEPerfumeナオト・インティライミ、韓国からはKARAキム・ヒョンジュン、そしてこのイベント出演を兼ねて約18年ぶりに来日を果たしたRINGO STARR & HIS ALL STARR BAND、さらにFAR EAST MOVEMENTなど、総勢11組のアーティストが出演、15,000人の観客を前に多彩なステージを繰り広げました。

 イベントは今後の飛躍が期待される4組のアーティストによるステージ「New Breakthrough ACT」からスタート。温かみに溢れた恋愛ソングをエモーショナルに歌い上げたハジ→、ダンサブルにアレンジされた「フライングゲット」(AKB48)の英語詞カヴァーで観客の注目を一気に集めたGILLE、高い演奏力と強烈なダイナミズムに支えられたロック・サウンドを響かせたFUZZY CONTROL、そして、アラサ―女性の等身大のメッセージとソウルフルな歌声をアピールしたMs.OOJAと、それぞれの個性を活かしたパフォーマンスを披露し、イベントのオープニングをしっかりと盛り上げる。


Perfume


 時間は14:05、ついにイベント本編がスタート。まずはエレクトロ・サウンドとともに Perfumeが登場、ダンス・チューン「Spending all my time」、早春にぴったりのポップ・チューン「Spring of Life」が披露され、会場のテンションが一気に上がっていく。「ドラえもんの道具が振り付けのなかに出てくるんですよ」(のっち)というMCの後は、最新シングル「未来のミュージアム」(『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』主題歌)、さらに「チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)」では、あ〜ちゃんが「ディスコ! ディスコ! ディスコ!」と煽りまくり、観客の興奮を一気に引き上げ、会場を一体に! 最新型のPerfumeをはっきりと印象づける、圧巻のパフォーマンスでした!


KARA


 続いては今年1月に初の東京ドーム公演を成功させたKARA。ヒップ・ダンスでおなじみの日本デビュー曲「ミスター」、切ない恋愛模様を描き出したバラード「オリオン」、ディスコ・テイストを取り入れた「ジェットコースターラブ」といった人気曲を次々と放ち、卓越したヴォーカル・ワークとキュートなダンスでたっぷりと魅せる。さらには、3月27日(水)にリリースされるニュー・シングル「バイバイ ハッピーデイズ!」を初披露! 大学生になったばかりのメンバー、ジヨンは「この曲は卒業と新しいスタートがテーマ。私にもその気持ちがわかります」と語り、会場は大きな拍手で包まれました。


FAR EAST MOVEMENT


 そして、レディー・ガガリアーナのオープニング・アクトに抜擢されるなど、世界的な注目度を誇るFAR EAST MOVEMENTが登場。ヒップホップ、エレクトロ、ヘヴィ・ロックと、ジャンルを自在に融合させた音楽性、ゴージャズなパーティ感覚とシリアスなメッセージ性を同時に感じさせてくれるパフォーマンスは、完全に世界基準。最初は静かに見ていた観客も徐々に体を揺らし、手を上げ、大きな声援をおくる――それはまさに音楽が国境を超えた瞬間! そして、そのピークはもちろん、2010年に全米No.1となった「ライク・ア・G6」。音楽のパワーをストレートにオーディエンスへ届ける!


キム・ヒョンジュン


 女性ファンの大きな歓声を受けて登場したのは、昨年12月に1stソロ・アルバム『UNLIMITED』をリリースしたキム・ヒョンジュン。ダイナミックなロック・サウンドとダンスの要素を融合させたステージからは、際立った個性がはっきりと伝わる。B'zが楽曲提供したロック・チューン「HEAT」、投げキッスの振り付けに客席から「キャー!」という声が巻き起こった「Kiss Kiss」、切ない愛情がまっすぐに伝わる「Your Story」など、幅広い楽曲をしっかりと歌いこなすヴォーカリゼーションも高品質。MCのときの照れた表情を含め、アーティストとしての魅力をストレートに感じさせてくれました。


ナオト・インティライミ


 続くナオト・インティライミは、持ち前のエンタメ精神を思い切り発揮。エレクトロ・チューン「Yeah!」でカッコよくダンスを決めると、「他のみなさんのライヴが観た過ぎますね。今日はついでに歌ってもらわせてもらうくらいのニュアンス」とMCで笑いを取りつつ、アカペラではじまる「今のキミを忘れない」では、じんわりと切ない空気を表現。最後はメジャー・デビュー曲「カーニバる?」で気持ちいい祝祭ムードを作り出し、観客の心と体をしっかりと揺らす。


RINGO STARR & HIS ALL STARR BAND


 〈U-EXPRESS LIVE 2013〉最大のニュースとも言えるのは彼ら、RINGO STARR & HIS ALL STARR BAND。ザ・ビートルズのメンバーだったリンゴ・スターがスティーヴ・ルカサーTOTO)、トッド・ラングレンといったスーパー・ミュージシャンとともに「イエロー・サブマリン」「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」(ザ・ビートルズ)、「アイ・ソー・ザ・ライト」(トッド・ラングレン)、「ロザーナ」(TOTO)……といった名曲を演奏する! そこにあるのはポップ・ミュージックの豊かな歴史そのもの! ピース・サインを掲げながら「Thank you! Love & Peace, Everybody!」と叫び、全身でロックンロールを楽しむリンゴの姿は、このイベントの素晴らしさを象徴していたのでは。


DREAMS COME TRUE


 「All we are saying is give peace a chance」(ジョン・レノン「平和を我等に」)というラインを描き出す吉田美和のソウルフルなヴォーカルでスタートしたDREAMS COME TRUE。隠れた名曲を中心とした全国ツアー〈裏ドリワンダーランド 2012 / 2013〉を終えたばかりのDCTは、ファンク・テイストを取り入れた「SWEET REVENGE」、切なく哀しい想いに満ちたバラード「愛してる 愛してた」、セクシーなイメージを強調した「SPOON ME, BABY ME」といったレアなナンバーを次々と披露。吉田の卓越したヴォーカリゼーション、FUZZY CONTROLを中心としたバンド・サウンド、パフォーマンス・チームのS+AKSを交えた演出を含め、パワーアップしたステージを見せつける! アンコールでは最新シングル「MY TIME TO SHINE」、さらに代表曲「何度でも」も演奏され、イベントのファイナルを大きな感動で包み込みました!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015