ニュース

水曜日のカンパネラ、東京・渋谷WWWにて鹿を解体

水曜日のカンパネラ   2013/08/30掲載(Last Update:13/10/22 16:40)
はてなブックマークに追加
水曜日のカンパネラ、東京・渋谷WWWにて鹿を解体
 8月14日よりタワーレコード店舗限定で販売がスタートした目下最新作にしてお得な100円シングル「水曜日のカンパネラdemo3」が好評、10月9日(水)にはミニ・アルバム『羅生門』の発売を控える水曜日のカンパネラが11月4日(祝・月)、自身主催のライヴ・イベント〈りんご飴音楽祭 2013〜水曜日のカンパネラ編〜〉を東京・渋谷 WWWにて開催。

 ライヴ・アクトとして水曜日のカンパネラのほかAZUMA HITOMICharisma.comの出演が決定しているこちらのイベントには、水曜日のカンパネラのシンガー、コムアイがかねてより嗜好する“鹿の解体”と“落語”を投入。若手落語家・瀧川鯉八による寄席、鹿の解体作業が行なわれる予定となっています。また、本公演のチケットは現在、コムアイが手作業で制作中とのこと。こちらの仕上がりにも注目です。

 さらに『羅生門』の発売に先駆け、音楽配信サイト「OTOTOY」にて新曲「モスラ(幼虫Ver.)」の配信を8月30日(金)よりスタート。ピアノもフィーチャーしたドラマチックなイーヴンキック・チューンに、コムアイによる謎めいたリリックが冴える仕上がりとなっています。

クリックすると大きな画像が表示されます
クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます


りんご飴音楽祭2013〜水曜日のカンパネラ編〜

2013年11月4日(祝・月)
東京 渋谷 WWW
開場 15:30 / 開演 16:00
前売 3,500円 / 当日 4,000円(別途ドリンク代)

[出演]
live: AZUMA HITOMI / Charisma.com / 水曜日のカンパネラ ほか
解体: 鹿
落語: 瀧川鯉八

[チケット]
・手売り先行チケット発売: 9月2日(月)〜
・オフィシャル先行(e+): 9月14日(土)10:00〜9月20(金)23:59
eplus.jp/ringoame
※お1人様4枚まで
・一般発売: 10月5日(土)〜
ぴあ(P: 211-244) / ローソン(L: 74292) / e+

主催: りんご飴音楽祭実行委員会
企画 / 制作: 水曜日のカンパネラ / ringo-a.me
協力: OTOTOY / TRASH-UP!! / ringo-a.me ほか

※お問い合わせ: つばさプラス事務局 03-5459-0856(月〜金 10:30〜18:30 ※祝日除く)


■2013年8月30日(金)配信開始
水曜日のカンパネラ
「モスラ(幼虫Ver.)」

wav / mp 3,200円
ototoy.jp/_/default/p/36863

■2013年10月9日(水)発売
水曜日のカンパネラ
『羅生門』

TRNW-0043 税込1,500円

[収録曲]
01. モノポリー
02. 素子
03. 星一徹
04. シャア
05. マリー・アントワネット
06. アリババ神帝
07. 不二子
08. 竹久夢二
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015