ニュース

“キューンの2軍”から、ラルクをサンプリングした新人がデビュー!

2003/12/19掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 スーパーカー、電気グルーヴ、ASIAN KUNG-FU GENERATION、ギターウルフ、ライムスターなどが所属することでも知られる、ソニー・ミュージック傘下のレーベル“キューンレコード”に、新たに兄弟レーベル“キューンレコード2”が誕生! “キューンレコードの2軍”という立ち位置で、“目指せ!キューンレコード!!”を合言葉に、今後、様々なアーティストが同レーベルよりデビューすることになっているのですが、その第1弾アーティストとして来年1月にデビューすることになったのは、“laica breeze”という名のユニット。

 来年1月21日にシングル「STANDING STILL(winter fall Re-calling)」(KSCL-8888\1,020(税込))にてデビューを飾る彼らは、トラックメーカーのshoare(ショア)と、MCのmcblieze(ブリーズ)の現役大学生2人によるユニットだそうで、打ち込みによるリズムとアコースティック・ギターが絡み合うそのサウンドは、なかなか面白い存在と言えるもの。しかも、今回のデビュー曲は、その名から想像出来る方もいるとおり、あの“ラルク・アン・シエル”が98年に放ったヒット・シングル「winter fall」(写真は収録作『HEART』)を大胆にもサンプリングしてしまったという、魅惑のアッパーチェーン! すでにソニー・ミュージック内の作品ページにて試聴が可能となっている同曲でありますが、その出来栄えはなかなか面白いものになっているゆえ、ラルク・ファンは元より、それ以外の方でも一聴の価値ありかも? 来年は“キューンレコード2”に注目ですかね?
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015