ニュース

多国籍インストゥルメンタル・バンド、nouonがアルバム・リリース計画を発表

nouon   2015/07/17掲載(Last Update:15/08/05 19:36)
はてなブックマークに追加
多国籍インストゥルメンタル・バンド、nouonがアルバム・リリース計画を発表
 ヴィブラフォン奏者の山田あずさとピアニストのケビン・マキュー、コントラバス / クラリネット奏者のヒュー・ロイド、ドラムの山本淳平による多国籍インストゥルメンタル・バンド、nouon(のうおん)がこの秋にリリースする1stアルバムのレコーディング計画を発表しました。また、このアルバムのリリース記念ライヴは10月9日(金)に東京・代官山「山羊に、聞く?」で開催することが決定しています。

 ユニークな楽器編成とサウンドの組み合わせが独自の音楽世界を表現するnouon。日・米・英の演奏者からなる強みを生かして、海外公演の実現を目指すとともに、多くの人に作品を届けるため、ファースト・アルバムの制作をスタートさせました。2015年の秋にリリース予定で、ただいま絶賛レコーディング中!

 現在、nouonのWEBサイトでは、このレコーディングのためのドネーションを募るスペシャル・サイトを公開中。発売前に完成アルバムが届けられ、リリース記念ライヴに招待されるなどの特典も用意されています。詳しくはnouonサイトをご覧ください。

最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015