ニュース

現役高校生モデル・内山 愛が「週刊ヤングマガジン」のグラビアに登場

2016/09/20 15:26掲載
はてなブックマークに追加
現役高校生モデル・内山 愛が「週刊ヤングマガジン」のグラビアに登場
 〈SAPPORO COLLECTION〉をはじめとするファッションショーや、〈シンデレラフェス〉〈制服High School卒業Party〉〈Up to you.〉〈超十代〉といったティーン主体のイベントなどで活躍し、人気アパレル・ブランド「SPINNS」のオンライン・ストアではレギュラー・モデルを担当中の現役高校生モデル・内山 愛が、9月17日発売の講談社「週刊ヤングマガジン」2016年42号にて巻末グラビアに登場。初の水着姿を披露しています。

 初めてのグラビアについて内山は「人生初のグラビアということで、初水着だったんですけど、現場の空気感がとっても良かったので、ありのままの自分で撮影することができました!!! 高校生らしく、私らしいアゲアゲな写真がたくさん載ってます!JKのリアルがつまってます!! ぜひ見てください!!!」とコメント。「週刊ヤングマガジン」の担当編集は内山のチャレンジに、「“自分たちが楽しいこと”をいやらしい計算なく他人に伝えられるストレートさと、ひとたびモードを切り替えればモデルのキレイさを持ち合わせているギャップもある。思い切って水着になってやろうというチャレンジスピリットもある」「その場で求められていることを真面目に考えてくれるけど、難しく考えすぎずに体当たりで挑戦してみてくれた」と賛辞を贈っています。

拡大表示拡大表示拡大表示

彼女のブログや動画の発信から感じた、マジでリアルな現役JK感に俄然興味を持ったのがはじまり。「自分たちが楽しいこと」をいやらしい計算なく他人に伝えられるストレートさと、ひとたびモードを切り替えればモデルのキレイさを持ち合わせているギャップもある。思い切って水着になってやろうというチャレンジスピリットもある。そんな面白さから撮影をお願いしました。
最初、一瞬だけシャイでした(笑)。が、喋りだすとすぐに撮影スタッフもその明るいノリに巻き込まれて、高校生に戻ったようなエネルギーをもらった感じ。撮影に対する姿勢もすごく良くて、その場で求められていることを真面目に考えてくれるけど、難しく考えすぎずに体当たりで挑戦してみてくれたところが、いい写真を撮れた理由だと思います。

――「週刊ヤングマガジン」編集部

■2016年9月17日(土)発売
「週刊ヤングマガジン」2016年42号
講談社 税込360円
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015