ニュース

モーターヘッド、ヌーノらが参加のメタリカ・トリビュート、日本盤化!

2004/09/29掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
モーターヘッド、ヌーノらが参加のメタリカ・トリビュート、日本盤化!
 世界最強のメタル・バンドと言えばもちろん、メタリカ。シーンに多大な影響を与えてきた彼らだけに、今までにリリースされてきたトリビュート盤は星の数のごとし。そんな“メタリカ・トリビュート”の決定盤ともいえる、『メタリック・アタック-メタリカ・ジ・アルティメット・トリビュート』(VICP-62917 \2,520(税込))11月21日、日本盤化されることが決定!

 注目すべきはその参加アーティスト。モーターヘッドにはじまり、ヘルメットのペイジ・ハミルトンや、アンスラックスのスコット・イアン、ヌーノ・ベッテンコートに、ランディ・カステロ、スラッシュ・メタルの重鎮デス・エンジェルなどなどヘヴィ・ロック/メタル・シーンで活躍するあの人、この人が参加。メタリカ・ファンならずとも、チェックです。


11月21日発売
『メタリック・アタック−メタリカ・ジ・アルティメット・トリビュート』(写真)
(VICP-62917 \2,520(税込))

1.Whiplash/Motorhead

2.Damage, Inc/Flotsam & Jetsam

3.Enter Sandman/Tommy Victor(Prong)、Nuno Bettencourt、Joey Vera(ANTHRAX) & Scott Travis(Judas Priest)

4.Trapped Under Ice/Death Angel

5.Nothing Else Matters/Joe Lynn Turner(Deep Purple)、Bruce Kulick(KISS)、Bob Kulick(Paul Stanley Band)、Greg Bissonette(Santana)、Tony Franklin(The Firm)、Ryan Yerdon(Gavin Rossdale)

6.Motorbreath/Page Hamilton(Helmet)、Scott Ian(ANTHRAX)、Blasko(Rob Zombie)、Ryan Yerdon(Gavin Rossdale)

7.Holier Than Thou/Chuck Billy(Testament)、Alex Skolnick(Testament)Doug Aldrich(Whitesnake)、Marco Mendoza(Ted Nugent)、Eric Singer(KISS)

8.Master Of Puppets/Whitfield Crane(Ugly Kid Joe)、Rocky George(Suicidal Tendencies)、Randy Castillo(Ozzy Osubourne Band)、Mike Inez(Ozzy Osubourne Band)

9.Eye Of Th Beholder/Life After Death

10.Creeping Death/Dark Angel
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015