ニュース

ONKYOから本格的なサラウンドを拘りの音質で楽しめるスピーカーシステム3機種が新発売

2017/04/21 16:59掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
ONKYOから本格的なサラウンドを拘りの音質で楽しめるスピーカーシステム3機種が新発売
 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社が、「ONKYO」ブランドからスリムなトールボーイタイプの「D-309XE」(90,000円 / ペア)、小型ブックシェルフタイプの「D-309XM」(48,000円 / ペア)、コンパクトなセンター用の「D-309XC」(27,000円 / 1台)の3モデルをサラウンド対応のホームシアター向けスピーカーシステム「D-309X」シリーズとして新発売。

 いずれも、ウーファーユニットには強靭で固有ノイズの少ない不織布の3層コットンをベースにアラミド繊維とハイブリッド成形した自社開発のN-OMF振動板を採用し、量感豊かな低音再生を実現。振動板の中央部に装備した砲弾型イコライザーにより、周波数特性の乱れを防ぎ、音の滑らかさやスピード感を向上させ、中低域のクリアな再生を可能にしています。高音用トゥイーターユニットには最先端技術のリングトゥイーターを採用し、可聴帯域の上限を超える100kHzまでの高域再生を実現。内部構造は、度重なる試聴による音質検討を重ねながら設計されており、オンキヨー独自のスピーカー開発のノウハウを注入。ことに「D-309XE」のキャビネットには、バスレフダクトや桟(さん)、吸音材を随所に配置して最適化を図っているほか、シリーズ全体では前モデルからのネットワーク基板の見直しが図られています。スピーカーターミナル部には、導電性に優れる金メッキの真鍮削り出しタイプを採用。接点における信号の伝送ロスを防ぎ、経年変化による信号伝導力の劣化等も抑えています。仕上げはピアノ仕上げの黒とリアルウッド突き板仕上げ木目の2種類をラインナップ。

ONKYO
「D-309XE」

トールボーイスピーカー
90,000円 / ペア
形式: 2ウェイバスレフ型
ユニット: 10cmウーファー x 2 / 3cmリングトゥイーター x 1 / インピーダンス: 6Ω
最大入力: 100W
出力音圧レベル: 87dB
再生周波数: 65Hz〜100kHz
外形寸法: 270W x 952H x 300Wmm
重量: 10.7kg
付属品: 3m長スピーカーケーブル x 1 / コルクスペーサー x 4
仕上げカラー: ピアノブラック / リアルウッド突き板仕上げ木目


ONKYO
「D-309XM」

ブックシェルフスピーカー
48,000円 / ペア
形式: 2ウェイ密閉型
ユニット: 10cmウーファー x 1 / 3cmリングトゥイーター x 1 /
インピーダンス: 6Ω
最大入力: 80W
出力音圧レベル: 85dB
再生周波数: 90Hz〜100kHz
外形寸法: 143W x 245H x 165Wmm
重量: 2.8kg
付属品: 8m長スピーカーケーブル x 1 / コルクスペーサー x 4 / クッション x 4
仕上げカラー: ピアノブラック / リアルウッド突き板仕上げ木目


ONKYO
「D-309XC」

センタースピーカー
27,000円 / 1台
形式: 2ウェイ密閉型
ユニット: 10cmウーファー x 2 / 3cmリングトゥイーター x 1 /
インピーダンス: 6Ω
最大入力: 100W
出力音圧レベル: 88dB
再生周波数: 90Hz〜100kHz
外形寸法: 418W x 143H x 154Wmm
重量: 4.7kg
付属品: 3m長スピーカーケーブル x 1 / コルクスペーサー x 4
仕上げカラー: ピアノブラック / リアルウッド突き板仕上げ木目
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015