ニュース

〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉ジェイコブ・コリアーとムーンチャイルドの出演が決定

2017/05/19 13:32掲載
はてなブックマークに追加
〈Blue Note JAZZ FESTIVAL〉ジェイコブ・コリアーとムーンチャイルドの出演が決定
 ニューヨークのジャズ・フェスティヴァルが形を変えて日本に上陸し、2015年から3年目を迎えた野外フェス〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017〉が、9月23日(土)と24日(日)の2日間、神奈川・横浜 赤レンガパーク野外特設ステージにて開催。出演アーティスト第3弾として、ジェイコブ・コリアー(Jacob Collier)とムーンチャイルド(MOONCHILD)の出演が発表されています。

 ジェイコブ・コリアーは1994年、ロンドン生まれ。“ワンマン・オーケストラ”というべき驚異のパフォーマンスで音楽シーンの未来を拓く重要人物です。超絶的な楽器演奏と“天使の声”と形容されるヴォーカルを最新テクノロジーによって重ねて強烈なグルーヴとハーモニーを構築し、ジャズ、ロック、ファンク、ヒップホップ等、様々なカテゴリーを自在に行き来するサウンドは、クインシー・ジョーンズをも魅了。今年の〈グラミー賞〉では2部門を獲得しています。

 一方、ムーンチャイルドは、南カリフォルニア大学でジャズを学んでいた管楽器奏者の男女3人によって結成された気鋭のトリオ。ジル・スコットディアンジェロキングハイエイタス・カイヨーテらからの影響を公言する彼らは、深く沈むようなビートにエレピのメロウな音色を交えたネオ・ソウルを奏で、紅一点のアンバー・ナヴランの清涼感あふれるヴォーカルで白昼夢のようなまどろみを誘います。その独自のサウンドはスティーヴィー・ワンダーロバート・グラスパーが絶賛するほど。カリフォルニアの山荘で録音された最新作『Voyager』を携えて登場します。

 チケットは5月20日(土)より発売開始。詳しくはオフィシャル・サイトでご確認ください。

Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017
bluenotejazzfestival.jp

2017年9月23日(土) / 24日(日)
神奈川 横浜 赤レンガパーク野外特設ステージ
開場 11:00 / 開演 12:00
S指定席 24,000円 / A指定席 16,000円 / スタンディング 11,000円(税込 / 別途ドリンク代)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015