ニュース

映画「カーズ / クロスロード」製作陣が作品の魅力について語ったコメント公開

ボブ・ピーターソン   2017/07/14 14:14掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
映画「カーズ / クロスロード」製作陣が作品の魅力について語ったコメント公開
 ディズニー / ピクサーによる人気シリーズ『カーズ』の最新作「カーズ / クロスロード」が7月15日(土)より全国でロードショー。封切を間近に控え、脚本を手がけたマイク・リッチをはじめ、製作陣が本作の魅力について語ったコメントが公開されています。

 主人公のレーサー“マックィーン”が、台頭してくる新世代のレーサーに太刀打ちできなくなるも、再起をかけて奮闘する姿が感動を誘うと話題の本作。脚本を手がけたリッチはストーリーについて「もう終わりにしたいのか、それとも何とかして続けたいのか。これは競争だけではなく、誰もが人生のどこかで経験する真実です」とコメント。同じく脚本を手がけたボブ・ピーターソンは、挫折を味わい人生の岐路に立たされる主人公の姿をよりリアルに描くために、アスリートたちの人生を取り上げたドキュメンタリーを研究。ピーターソンは「マイケル・ジョーダンをはじめとした一流アスリートたちの話を参考にした」と明かしました。また、監督のブライン・フィーは、本作について「若いアーティストたちがピクサーにやって来る。彼らは僕よりも上手く絵を描けるんだ。どんな人も、誰かもっと若い人がやって来た時に、自分がもう通用しないように感じ始める。だから、誰にでも理解できると思うんだ」とコメントしています。



「カーズ / クロスロード」
2017年7月15日(土)より全国でロードショー
www.disney.co.jp/movie/cars-crossroad

[あらすじ]
華々しく活躍してきた天才レーサー“マックィーン”は、これからも走り続けると信じていた。しかし、彼を待ち受けていたのは、最新テクノロジーを限界まで追求したストームをはじめとする新たな世代の台頭と、レース人生を揺るがす衝撃的な大クラッシュだった。夢の続きか、それとも新たな道か?“人生の岐路”に立つマックィーンの運命を左右するのは、レーサーに憧れ夢を諦めた過去を持つトレーナー、新たな相棒クルーズだった――

監督: ブライン・フィー
製作総指揮: ジョン・ラセター

 
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015