ニュース

プリティ・メイズ、ソイルワーク、キング・ダイアモンドらのメンバーが80年代映画主題歌カヴァー・アルバムを発売

2021/03/04 12:35掲載
はてなブックマークに追加
プリティ・メイズ、ソイルワーク、キング・ダイアモンドらのメンバーが80年代映画主題歌カヴァー・アルバムを発売
 アット・ザ・ムーヴィーズ(AT THE MOVIES)が、人生において欠かすことのできない映画音楽を見事なまでに甦らせた80年代映画主題歌カヴァー・アルバム『サウンドトラック・オブ・ユア・ライフ Vol.1(The Soundtrack Of Your Life Vol.1)』を4月28日(水)に発売します。

 プリティ・メイズソイルワークハンマーフォールキング・ダイアモンドらのメンバーが80年代映画主題歌をカヴァー。YouTubeで多くの楽曲を公開し、話題となっていたプロジェクトがついに音源をリリース。原曲の持つ魅力を生かしつつも、HR/HM要素を打ちだしたアレンジが施され、彼等らしいアルバムへと仕上がりました。

 「ロック・ダウン中はどうしていた?みんな映画をたくさん観ていただろ?」映画で流れるサウンドトラックには、多くの素晴しい楽曲が息づいていることに改めて気がついた現プリティ・メイズのクリス・レイニー。そして映画音楽から厳選した楽曲をカヴァーするプロジェクトを立ち上げる決意をします。彼が主導してスタートしたのがこのアット・ザ・ムーヴィーズです。

 クリスに共感したプリティ・メイズのモーテン・サンダガーとプリティ・メイズ、ロイヤル・ハントのアラン・ソーレンセンは友人のミュージシャンにコンタクトを取り、プロジェクトへの参加を呼びかけました。ソイルワーク、ザ・ナイト・フライト・オーケストラのシンガーであるビョーン“スピード”ストリッドが最初に手を上げ、このプロジェクトが本格的にスタート。

 基本メンバーにはクリス、モーテン、アラン、ビョーンのほかにハンマーフォールのポンタス・ノルグレン、プードルズ、キング・ダイアモンド、ウルフのポンタス・エグベル、キャメロットセリオンのリネア・ヴィクストロム・エッグの7人が参画することで固まります。

 その間、ロニー・アトキンス(プリティ・メイズ)、ヤコブ・ハンセン(VOLBEATアマランス等のプロデューサー)、ブルース・キューリック(KISS)のゲスト参加も決まりました。

 最初にレコーディングした曲は『ロッキー 4 / 炎の友情』(85年)のアンセム“No Easy Way Out”。週1曲のペースで制作が進められ、YouTubeへの動画配信もスタート。これらがWeb上で話題となってフィジカルでのリリースも実現。80年代の映画好きなら誰もが知っている名曲をパーフェクトにカヴァーした、まさに“鳥肌モノ”のアルバムです。

 ニック・カーショウは「おー、これはスバラシイよ!」、ロバート・テッパーは「エネルギーが感じられる。みんな本当にありがとう!」、Frank Stalloneは「すごい仕事をしてくれたね!」とコメントを寄せています。

拡大表示


■2021年4月28日(水)発売
アット・ザ・ムーヴィーズ
『サウンドトラック・オブ・ユア・ライフ Vol.1』

CD BKMY-1106 2,273円 + 税

[収録曲]
01. Intro
02. No Easy Way Out (Robert Tepper – Rocky IV)
  「ロッキー 4 / 炎の友情」(1985)
03. Maniac (Michael Sembello – Flashdance)
  「フラッシュダンス」(1983)
04. St. Elmo’s Fire (John Parr – St. Elmo’s Fire)
  「セント・エルモス・ファイアー」(1985)
05. A View To A Kill (Duran Duran – 007 A View To A Kill)
  「007 美しき獲物たち」(1985)
06. (I’ve Had) The Time Of My Life (Medley/Warnes – Dirty Dancing)
  「ダーティ・ダンシング」(1987)
07. Wouldn’t It Be Good (Nik Kershaw – Pretty In Pink)
  「プリティ・イン・ピンク / 恋人たちの街角」(1986)
08. We Don’t Need Another Hero (Tina Turner – Mad Max 3)
  「マッドマックス / サンダードーム」(1985)
09. The Power Of Love (Huey Lewis & The News – Back To The Future)
  「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)
10. The Heat Is On (Glenn Frey – Beverly Hills Cop)
  「ビバリーヒルズ・コップ」(1984)
11. The Neverending Story (Limahl – The Neverending Story)
  「ネバーエンディング・ストーリー」(1984)
12. Far From Over (Frank Stallone – Staying Alive)
  「ステイン・アライブ」(1983)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015