ニュース

US西海岸の注目株“コーラ・ボーイ”、デビュー・アルバム発売決定 アヴァランチーズを迎えたリード曲のMV公開

2021/05/27 12:57掲載
はてなブックマークに追加
US西海岸の注目株“コーラ・ボーイ”、デビュー・アルバム発売決定 アヴァランチーズを迎えたリード曲のMV公開
 AIRのニコラス・ゴダン主宰レーベル「RECORDMAKERS」より2018年に発表したEP『Black Boogie Neon』がクラブ〜インディ・シーンで話題を呼んだ、米カリフォルニアのシンガー / マルチインストゥルメンタリストのコーラ・ボーイ(COLA BOYY)が、MGMTアヴァランチーズなど豪華ゲストを迎えたデビュー・アルバム『PROSTHETIC BOOMBOX』を6月18日(金)にリリース。発売に先駆け、アヴァランチーズをフィーチャーしたリード曲「Don't Forget Your Neighborhood」が公開されています。

 EP『Black Boogie Neon』発表の翌年、2019年のコーチェラ・フェスティバルにも出演、マック・デマルコのサポートアクトやアヴァランチーズの2020年作『We Will Always Love You』にクラッシュミック・ジョーンズとともにフィーチャリングされるなど多方面から注目を浴びるコーラ・ボーイ。US西海岸の現行インディー・シーンで今最もポップでキャッチーなディスコ〜エレクトロ・ポップを鳴らすアーティストとして人気を博しています。

 デビュー・アルバム『PROSTHETIC BOOMBOX』には、MGMTのアンドリュー・ヴァンウィンガーデンやアヴァランチーズのほか、仏のエレクトロ・シーンで活躍するMydやロサンゼルスの伴盤奏者のジョン・キャロル・カービートロイ・シヴァンの楽曲制作も手掛けたブラム・インスコアらが参加。真夏のプールパーティーを思い出す4つ打ちフレンチ・ディスコ「Don't Forget Your Neighborhood」で幕を開け、80sなネオンカラーが頭の中でチカチカとヒカリ出す飛び切りのダンス・ファンク・ナンバー「Roses」、さらには小気味好いカッティング・ギターとグルーヴィーなベースラインで踊らずにはいられない「You Can Do It」など、オープニングからエンディングまでダンスフロアを揺らすキラー・チューンが並ぶ快作に仕上がっています。また、日本盤CD限定ボーナストラックとして、1st EP『Black Boogie Neon』も全曲追加収録されます。

 このたび公開されたMVには、アヴァランチーズのメンバーに加え、ジョン・キャロル・カービーや名門「ストーンズ・スロウ」の注目株、ソフィもリモートで出演。フレンチタッチを彷彿とさせるディスコ・サウンドにのせてポップでキャッチーな映像に仕上がっています。またアンドリュー・ヴァンウィンガーデン(MGMT)を迎えた「Kid Born In Space」のMVも公開中です。

拡大表示






■2021年6月18日(金)
COLA BOYY
『PROSTHETIC BOOMBOX』

CD PCD-22441 2,420円(税込み)

p-vine.jp/news/20210526-230000
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015