ニュース

マイケル・キスク参加のAORプロジェクト、国内盤発売決定

2005/08/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 コチラでお伝えした、元ハロウィンマイケル・キスクが全面参加したプロジェクト、プレイス・ヴァンドームの国内盤発売が決定しました。アルバム・タイトルも同じ『プレイス・ヴァンドーム』、国内盤(MICP-10538 税込\2,600)はマーキー/アヴァロンより9月22日の発売予定です。

 AORというよりもハード・ロック的な仕上がりで、キスクのハイトーンも健在とのこと。ソングライターであるデニス・ワード(ピンク・クリーム69)のメロディ・センスは定評がありますので、ファンは期待してよいのではないでしょうか。

 なお、キスクは同日発売となるエドガイのミニ・アルバム『スーパーヒーローズ』(MICP-10537 税込\1,575)にもゲスト参加しています。

●『プレイス・ヴァンドーム』収録予定曲
01. Cross The Line
02. I Will Be Waiting
03. Too Late
04. I Will Be Gone
05. The Setting Sun
06. Place Vendome
07. Heaven's Door
08. Right Here
09. Magic Carpet
10. Sign Of The Times
11. Photograph(日本盤ボーナス・トラック)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015