ニュース

オジー・オズボーンに最も愛された天才ギタリスト“ランディ・ローズ”のドキュメンタリーが全国公開決定

ランディ・ローズ   2022/08/19 14:00掲載
はてなブックマークに追加
オジー・オズボーンに最も愛された天才ギタリスト“ランディ・ローズ”のドキュメンタリーが全国公開決定
 クワイエット・ライオットオジー・オズボーン・バンドの初代ギタリストであり、今年、没後40年を迎えた永遠のギターヒーロー、ランディ・ローズのドキュメンタリー『RANDY RHOADS:REFLECTIONS OF A GUITAR ICON』が、邦題『ランディ・ローズ』として11月11日(金)より東京・新宿シネマカリテ、東京・渋谷シネクイントほかにて全国ロードショーが決定。この度、ポスター・ヴィジュアルが公開されました。

 80年代、端正なルックスと華麗なるギタープレイで世界を魅了した天才ギタリスト、ランディ・ローズ。しかし自身のバンド、クワイエット・ライオットでのプロ・デビューは日本のみ、全米デビューは果たせませんでした。その後、オジー・オズボーン・バンドへの抜擢により、転機が訪れます。“闇の帝王”オジーと“天使”のランディ、相反する個性のぶつかり合いは、極上の化学反応を巻き起こしました。刺激的でキャッチーなギター・リフは時にオジーのヴォーカル以上に耳に記憶され、哀愁を帯びたギター・ソロは、無駄な音は一音もない完璧なフレージングで、聴く者の心を鷲掴みにし、一気にギターヒーローとなりました。しかし、人気絶頂期の全米ツアー中に起きた、突然の悲劇……。一人のギター少年がロックスターへと昇華する瞬間、そして悲劇的な最期までを克明に捉えた、全音楽ファン必見の傑作ドキュメンタリーがついに日本公開となります。貴重なライヴ映像やオジー・オズボーン、エディ・ヴァン・ヘイレンほかのインタビューも。

 アメリカの伝説的ヒップホップ・グループ、N.W.Aの真実を暴くドキュメンタリー『N.W.A & EAZY-E:キングス・オブ・コンプトン』などを手掛けたアンドレ・レリスが監督を務め、脚本と編集をマイケル・ブルーイニング、ナレーションをL.A.ガンズのトレイシー・ガンズが担当し、クワイエット・ライオット時代の貴重ライヴ映像や肉声インタビュー、プライベートショットをフィーチャー。さらに、オジー・オズボーンや、同時代にデビューし、ともにギターヒーローへと昇華したエディ・ヴァン・ヘイレン、ランディを敬愛するミュージシャンやギター・テック、ランディの母や兄弟などの貴重なインタビューも多数収録。

 公開されたポスター・ヴィジュアルでは、アイドル顔負けの愛くるしいルックスと小柄でスリムな佇まいで、華麗にギターを弾くランディの姿が切り取られています。80年代、日本人の琴線に触れる哀愁の旋律と天使のルックスは、日本のギターキッズやロック少女は一瞬で恋に落ちたといいます。ブレイク後わずか2年足らずで、ツアー中に突然の死を遂げたその数奇で悲劇的な人生ドラマは映画ファンも必見です。

©RANDY RHOADS: LEGEND, LLC 2022

『ランディ・ローズ』
2022年11月11日(金)より東京 新宿シネマカリテ、東京 渋谷シネクイントほか全国ロードショー
配給: アルバトロス・フィルム
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015