ニュース

aiko、シングル「ずっと」MV完成! 憧れのTHE COLLECTORSギタリスト、古市コータローも登場!

aiko   2011/11/22 14:36掲載
はてなブックマークに追加
aiko、シングル「ずっと」MV完成! 憧れのTHE COLLECTORSギタリスト、古市コータローも登場!
 aikoのニュー・シングル「ずっと」のミュージック・ビデオが完成! テレビCMもオフィシャル・ホームページでも公開となりました。

 「ずっと」はフジテレビ系ドラマ『蜜の味〜A Taste Of Honey〜』の主題歌としてオンエア中。「頭を真っ白にして概念を捨てて創った楽曲」とaiko本人が語るように、大切な人を想い続ける気持ちが描かれ ている、まっすぐなバラード。今回このミュージック・ビデオを手がけたのは、フジテレビの中江功監督。『眠れる森』(98年)『Dr.コトー診療所』(03年)『プライド』(04年)など数多くのヒットドラマを手掛けている中江氏ですが、aikoのミュージックビデオを手掛けるのは なんと今作で5回目。中江監督らしいドラマ仕立ての演出で、“大切な人をひたむきに想う気持ち”が描かれています。

 さらに今回はaikoのミュージック・ビデオには珍しく男性の共演者が登場。気になる相手役は、彼女自身がかねてからファンであると公言しているバンド、THE COLLECTORSのギタリスト、古市コータロー
実は、撮影当日に古市氏が出演することを突然知らされたaiko。白いシャツにジーンズという爽やかな出で立ちの古市が突然撮影現場に現 れたときは、憧れの人を前に驚きを隠しきれなかった様子だったとか。そして、撮影終了後には、バースデーケーキと花束もサプライズで登場し、ちょっぴり早めの誕生日祝い。 

 シングル「ずっと」は11月23日(水)にリリース。そして、その翌日にはYTV『ベストヒット歌謡祭』に初出演することも決定しています。先週末のZeppOsaka公演で折り返し地点を迎えるライヴハウス・ツアー、シングルリリース、TV出演と活動が目白推しのaikoから、ますます目が離せません!


※11月23日(水)発売
「ずっと」
(PCCA−03510 税込1,260円)
[収録楽曲]
01.ずっと
02.瞬き
03.ぬけがら
04.ずっと(Instrumental)
※初回限定仕様盤
・カラートレイ
・8Pブックレット

<aiko Live Tour Love Like Rock vol.5>
10月22日(土) 横浜BLITZ
10月23日(日) 横浜BLITZ
10月29日(土) Zepp 仙台
10月30日(日) Zepp 仙台
11月5日(土) Zepp 東京
11月6日(日) Zepp 東京
11月11日(金) Zepp 札幌
11月12日(土) Zepp 札幌
11月19日(土) Zepp 大阪
11月20日(日) Zepp 大阪
11月26日(土) Zepp 名古屋
11月27日(日) Zepp 名古屋
12月3日(土) Zepp 大阪
12月4日(日) Zepp 大阪
12月10日(土) Zepp 福岡
12月11日(日) Zepp 福岡
12月17日(土) Zepp 東京
12月18日(日) Zepp 東京
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015