ニュース

アンジュルム、新体制後初となる日本武道館公演を開催 リーダー・上國料萌衣「11人の気持ちを一つに」

アンジュルム   2023/11/27 14:04掲載
はてなブックマークに追加
アンジュルム、新体制後初となる日本武道館公演を開催 リーダー・上國料萌衣「11人の気持ちを一つに」
 ハロー!プロジェクトに所属するアンジュルムが、11月24日に東京・日本武道館で単独ライヴ〈アンジュルム コンサートツアー 2023秋 11人のアンジュルム 〜 BEST ELEVEN 〜〉を開催しました。

 今年5月に新メンバーとして下井谷幸穂後藤花がグループに加入。6月には2代目リーダーの竹内朱莉が卒業し、新たに上國料萌衣がリーダーに就任したアンジュルム。そのため、今回のライヴは新体制後初となる日本武道館公演となりました。

 なお、新メンバーの後藤は「突発性難聴」と診断され本公演は欠席。後藤は自身のブログで「お休みを頂いて、少しでも早くみなさんの所に、大好きなアンジュルムに、ハロプロに戻れるように自分と向き合いながら頑張りたいと思っています」とコメントしています。

 本公演は、9月16日からスタートした、秋のコンサート・ツアー〈アンジュルム コンサートツアー 2023秋 11人のアンジュルム〉(全8日程16公演)のファイナルとして展開。会場には約8,000人のファンが訪れ、全国50以上の映画館に加え、台湾・香港でもライヴビューイングが実施されました。

 また、ライヴでは12月13日(水)にリリースされるニュー・シングル「RED LINE」「ライフ イズ ビューティフル!」の2曲をファンの前で初披露。すでに2曲ともミュージック・ビデオは公式Youtubeで公開されていますが、新体制後初となる日本武道館公演で、新体制後初となるシングルをお披露目し、記念すべきライヴに自ら華を添える形となりました。

[ライヴ・レポート]
 本編は強い女性像を歌った楽曲『アイノケダモノ』でスタート。佐々木莉佳子を中心とした獣のような振り付けのダンスで、一曲目から自分たちの世界へ引きこんでいく。その後も『乙女の逆襲』『泳げないMermaid』『マナーモード』と立て続けにパフォーマンス。ミステリアスなダンスナンバーから、切ないミディアムナンバー、そしてアップチューンな楽曲と、ファーストターンから多彩な楽曲バリエーションを披露。グループとしての楽曲の引き出しの多さに、冒頭から圧倒されてしまう。

 最初のMCでは、リーダーの上國料が「やってきました。ツアーファイナル。全国各地を11人で回って来たんですが、今日はその集大成。卒業なしで日本武道館に立てることが嬉しい。11人の気持ちを一つに頑張っていきたい」と挨拶。

 上國料は後藤の欠席にも触れて「後藤花ちゃんはお休みになるんですけど、ここに“はなな(後藤の愛称)”を連れてきました」と、後藤のメンバーカラーであるシーブルー色のブレスレットをつけてライブに臨んでいることをアピール。「はななの分まで、皆さん全力で盛り上がっていきましょうね」と語り、ステージに上がるのは10人だが、気持ちは“11人”で躍動することを誓っていた。

 この流れで「新曲、ライブ初披露です!」と佐々木が語ると、会場からは大きな歓声が。「ムーブな曲調と、ひとりひとりの歌声を楽しんでください!」と、新曲『RED LINE』の聴きどころをPR。パフォーマンス後は、会場から大きな拍手が起こっていた。

 その後は『ミラー・ミラー』『Uraha=Lover』『もう一歩』『Piece of Peace〜しあわせのパズル〜』と立て続けに披露。そして、アンジュルムの日本武道館公演ではお馴染みとなったVTR映像がスクリーンに映し出される。

 過去の日本武道館公演ではメンバーがひたすら走る映像や、スタッキングに挑戦する映像が流れるなど、毎回話題になるVTR映像。今回は「宇宙に3つ持っていけるとしたら、何を持っていく?」や「あなたにとってアンジュルムは?」など、いろいろな質問を投げかけ、それにメンバーが答えるという内容。メンバーのユニークな回答の数々に、ファンからは笑いや拍手、歓声が起こっていた。

 映像後は、メンバーカラーをイメージした衣装にチェンジした10人がステージに再び登場。ここからは、アンジュルムが持っている力強さを発揮できる楽曲のターンに。『赤いイヤホン』に始まり、その後も『ぶっ壊したい』『次々続々』といった重厚なサウンドが印象的な楽曲を披露。会場をさらに盛り上げていく。

 ここで会場の一体感を高めるため、川名凜がファンとメンバーとでコール&レスポンスを提案する。「今日休みの“はなな”の分まで盛り上がっていける人!」「アンジュルムのこと愛してますか?」など、メンバー一人一人が思い思いのワードを順番にテンポ良く言い、ファンがリアクションしていく。

 この勢いのまま後半戦に突入。『愛されルート A or B?』『ハデにやっちゃいな!』『限りあるMoment』とたたみかけ、ラストは『愛すべきべき Human Life』。同曲のラストには「And you?And you?」とメンバーとファンが一緒になって歌い、アンジュルム愛に満ちた本編は終了となった。

 アンコールは、もう一つの新曲『ライフ イズ ビューティフル!』でスタート。アンジュルムの持つ“陽”のパワーが表現されたような歌詞と疾走感とハッピー感満載のサウンドが、会場をポジティブなオーラで包み込んでいく。まさに「人生絶賛謳歌中」という歌詞のような世界観が日本武道館で再現されていた。

 その幸せな雰囲気いっぱいのまま『ドンデンガエシ』『46億年LOVE』という、これぞアンジュルムのライブという楽曲を歌い上げ、メンバーがファンへ向けた感謝の気持ちと、ツアーおよび本公演の感想を述べていく。

 初の日本武道館公演を終えた下井谷は「小さい時から日本武道館に立ちたい、アイドルになりたいと思って夢を見てきたステージ。今、そこに立てていることが信じられなくて、とっても幸せです」と涙を交えながらコメント。初めて先輩という立場でのツアーを終えた平山遊季は「こんな大切なメンバー、仲間もできて幸せ者です」と感謝の言葉を口にする。

 ステージの演出にテンションが上がっていたという松本わかなは「メンバーみんなとスタッフさんで作り上げたライブが、皆さんの胸に響いていたらいいなと思います」とコメント。為永幸音は初披露となった新曲に触れ「初披露でドキドキでした。この2曲をたくさん歌って、皆さんに愛してもらえるような曲にしていきたいです」と笑顔をみせる。

 川名は「アンジュルムは、メンバーも形も色もどんどん変わっていく。その様子を、今回のツアーを通じてお見せできていたらいいなと思いました」と秋ツアーに対しての思いを振り返り、橋迫鈴は「私は今日、頭にお花を2つ咲かせてきました!ベストイレブンです!」と休養中の後藤の思いをヘアアレンジに込めていたことを告白する。

 昨日(11月23日)加入から5周年を迎えた伊勢鈴蘭は、公演前にファンがサプライズで伊勢に対してエールを送ったことに触れ「お祝いありがとうございます」と感謝。「今日のライブは本当にすごく楽しくて、みなさんのペンライトが温かった」とコメントし、サブリーダーの川村文乃も「今日見てくださった皆さんで、このライブを楽しめたことが幸せ」と続く。

 ライブの途中のVTR映像で「あなたにとってアンジュルムは?」という質問をされたリーダーの上國料は、改めてグループに対する思いを告白。「私にとってアンジュルムは宝物。いつの時代もアンジュルムが大好き。今のアンジュを作っているのは私たちで、今のアンジュを支えてくれるのは皆さん。本当にいろんなことに感謝がいっぱいです!」。

 佐々木は「みなさん、それぞれの人生を歩んでいる中で、アンジュルムに出会って、愛をたくさんくれた。そのタイミングってほんの一握りで、それを逃していたら出会っていないかもしれない。でも、皆さんはそのタイミングをちゃんと掴んで私たちを好きでいてくれるから、私たちも皆さんを愛そう。幸せにしたいと心から思う。アイドルという人生を選択できて本当に良かったです」とファンへの感謝で締めくくっていた、

 フィナーレは、アンジュルムとしての最初のシングル『大器晩成』を披露。ラストナンバーにも関わらず、メンバー10人が日本武道館に力強い歌声を響かせていた。

 今回の秋ツアーではメンバーがソロでアンジュルムの楽曲を披露する演出もあったが、ラストの日本武道館公演では、すべて10人全員によるパフォーマンスで展開されたのも印象的。ソロのパフォーマンスを通じ、それぞれがレベルを上げて臨んだ日本武道館。まさに“11人のアンジュルム”というタイトルにふさわしい公演となった。

 また、今回のライブはすべてがアンジュルムの楽曲で構成されていたのも特徴。竹内朱莉の卒業により、現在の11人は全てアンジュルムのメンバーとしてデビューしている(佐々木莉佳子はスマイレージに加入したが、デビューの楽曲はアンジュルム名義)。そのため、新体制の幕開けにふさわしいセットリストと言えるのかもしれない。

 アンジュルムは今後、年末12月29日(金)に〈rockin’on presents COUNTDOWN JAPAN 23/24〉への出演が予定されているほか、12月30日・31日にはハロー!プロジェクトの年末コンサートに出演。2023年1月3日(水)からはハロー!プロジェクト新春コンサートへの出演で新春を盛り上げていく。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


〈アンジュルム コンサートツアー 2023秋 11人のアンジュルム 〜 BEST ELEVEN 〜〉
2023年11月24日(金)
東京 日本武道館

[セットリスト]
01. アイノケダモノ
02. 乙女の逆襲
03. 泳げないMermaid
04. マナーモード
05. RED LINE
06. ミラー・ミラー
07. Uraha=Lover
08. もう一歩
09. Piece of Peace〜しあわせのパズル〜
10. 赤いイヤホン
11. ぶっ壊したい
12. 次々続々
13. 明晩、ギャラクシー劇場で
14. 愛されルート A or B?
15. ハデにやっちゃいな!
16. 限りある Moment
17. 愛すべきべき Human Life
18. ライフ イズ ビューティフル!
19. ドンデンガエシ
20. 46億年LOVE
21. 大器晩成
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
[インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー![インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム
[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015