ニュース

アントニオ・カルロス・ジョビンの命日に追悼イベント開催

アントニオ・カルロス・ジョビン   2011/11/30 14:43掲載
はてなブックマークに追加
アントニオ・カルロス・ジョビンの命日に追悼イベント開催
 20世紀のポピュラー音楽史に名を残す偉大な音楽家、アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)。彼の命日にあたる12月8日に、感謝と敬意の念を込めた追悼イベント<トリビュート・トゥ“アントニオ・カルロス・ジョビン”ナイト>が六本木「新世界」にて開催されます。

 出演は、新しいブラジル音楽の息吹を感じさせたBophanaHands of Creationの活動を経て、現在は、畠山美由紀アン・サリーのライヴ・サポート、リトルテンポの土生“TICO”剛とのデュオ・ライヴなどで活躍をしている小池龍平(アコースティック・ギター / ヴォーカル)を中心に、ex. Bophanaでの盟友であり、ジャズ・ベーシストとして、海外でのライヴ経験も豊富な、凄腕フレットレス・ベース奏者/ 織原良次。そして、現在EXOTIC SESSION BANDのメンバーとして一緒にプレイをしている、ex. デタミネーションズのキーボーディスト / YOSSY。

 彼ら3人は、ブラジリアン・ミュージックと並列してロック、レゲエ、スカ、ジャズ、ブラック・ミュージック等を聴いて育ったアーティスト達であり、そうした意味でも、ジョビンを中心としたブラジル音楽をコミュニティ・ミュージックに閉じ込めることなく、幅広い音楽ファンに、その魅力を伝える絶好の機会となること請け合いです。


【イベント詳細】

<トリビュート・トゥ “アントニオ・カルロス・ジョビン”ナイト> 
●日程:12月8(木)
●会場:西麻布「新世界」
●時間:開場:19:00 / 開演:20:00
●料金:前売予約:税込2,700円(ドリンク別) / 学割:1700円(ドリンク代別)
●出演:小池龍平(EXOTIC SESSION BAND、Hands of Creation、ex.Bophana) / YOSSY(YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、EXOTIC SESSION BAND、ex.デタミネーションズ) / 織原良次(RISK FACTOR、橋爪亮督グループ、ex.Bophana
●問い合わせ先:西麻布「新世界」http://shinsekai9.jp/
東京都港区西麻布1−8−4 三保谷硝子 B1F
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015