ニュース

ビル・ブラッフォード主宰レーベルのベスト・コレクション・アルバムが2枚同時リリース

ビル・ブラッフォード(Bill Bruford)   2009/01/08 14:12掲載
はてなブックマークに追加
ビル・ブラッフォード主宰レーベルのベスト・コレクション・アルバムが2枚同時リリース
 イエスキング・クリムゾンでの活動で知られるドラマーのビル・ブラッフォード(Bill Bruford)。彼が主宰するレーベル、Winterfold RecordsとSummerfold Recordsのベスト・コレクション・アルバムがそれぞれ発売に。

 2004年の運営開始以降、Winterfold Recordsは1978年から86年までの作品の再発を、Summerfold Recordsは87年以降の作品の再発と新譜のリリースをそれぞれ行なっていますが、今回発売されるのは、その各レーベルから発売された作品の中からセレクトされたベスト・トラック集。

 Winterfold Recordsの『The Winterfold Collection: 1978-1986』には、同レーベルから発売された6枚の作品から厳選された全13曲を収録。また、Summerfold Recordsの『The Summerfold Collection: 1987-2008』(写真)には、同レーベルから発売された12枚の作品から厳選された全22曲がCD2枚にわたって収録されています。いずれも発売は英国にて2月2日を予定。ビル・ブラッフォードの軌跡を、『Winterfold』ではロック・サイドから、『Summerfold』ではジャズ・サイドからそれぞれ捉えたファン注目のコレクション・アルバムとなりますので、アナタもぜひお手元!


『The Winterfold Collection: 1978-1986』

1) Back to the Beginning
2) Seems Like A Lifetime Ago Pt.1
3) Seems Like A Lifetime Ago Pt.2
4) Hell’s Bells
5) Travels with Myself, and Someone Else
6) Age of Information
7) The Sliding Floor
8) Symmetry
9) Blue Brains
10) Flags
11) Everything You've Heard is True
12) Sample and Hold
13) Adios a la Pasada

【参加ミュージシャン】
Annette Peacock - voice
Kenny Wheeler - flugelhorn
Allan Holdsworth - guitar
The Unknown John Clark - guitar
Dave Stewart - keyboards
Patrick Moraz - keyboards
Jeff Berlin - bass and voice
Bill Bruford - drums

『The Summerfold Collection: 1987-2008』

[CD1]
1) Up North
2) My Heart Declares a Holiday
3) Pilgrim’s Way
4) Stromboli Kicks
5) Temple of the Winds
6) Candles Still Flicker in Romania's Dark
7) Nerve
8) It Needn’t End in Tears
9) If Summer Had Its Ghosts
10) Thistledown
11) Dewey-Eyed, then Dancing
12) No Truce with the Furies

[CD2]
1) Revel Without a Pause
2) The Sound of Surprise
3) The 16 Kingdoms of the 5 Barbarians
4) Kinship
5) From the Source, We Tumble Headlong
6) Baye Kene N’Diaye
7) Footloose and Fancy Free
8) Come To Dust
9) White Knuckle Wedding
10) Beelzebub

【参加ミュージシャン】
Iain Ballamy - saxophones
Django Bates - keyboards
Michiel Borstlap - piano, keyboards
Bill Bruford - acoustic and electronic drums
Patrick Clahar - saxophones
Luis Conte - conga drums
Robin Eubanks - trombone
Tim Garland - saxophones, flute, bass clarinet
Eddie Gomez - bass
Steve Hamilton - piano
Tim Harries - bass
Henry Hey - piano
Mark Hodgson - bass
Mick Hutton - bass
Chris Karlic - baritone saxophone
Jon Owens - trumpet
Mike Pope - bass
Doudou N’Diaye Rose - sabar
Alex Sipiagin - trumpet
Ralph Towner - guitars, piano
Chad Wackerman - drums
Steve Wilson - alto saxophone
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015