ニュース

ビル・ブラッフォード、ライヴ活動からの引退を宣言!

ビル・ブラッフォード(Bill Bruford)   2009/01/27 16:54掲載
はてなブックマークに追加
 イエスキング・クリムゾンU.K.ジェネシス(ツアー・サポート)などのトップ・グループを渡り歩き、多くの名演奏を披露してきた、イギリス出身の精鋭ドラマー、ビル・ブラッフォード(Bill Bruford)。ロック/ジャズ界で幅広く活躍してきたビルが、2009年1月1日をもってライヴ活動からの引退を宣言。自身の公式サイトにて1月26日に声明を発表しています。

 声明では詳しく述べられていませんが、ビルが一部海外メディアに伝えたことによれば、今回の決定はあくまでもライヴ活動からの引退であって、レコーディングは続けていくとのこと。今夏にはイギリス人作曲家Colin Rileyとのアルバムを発表する計画もあるようです。

 また、2月にベスト・コレクション・アルバムが発売されるビル主宰レーベル、Winterfold RecordsとSummerfold Recordsの運営も継続するようで、さらに3月には自叙伝「Bill Bruford: The Autobiography」の出版も予定されています。

 ライヴ活動からの引退は残念ではありますが、今後も精力的な活動が続くようですので、一安心ですね! (写真はビル・ブラッフォード『フィールズ・グッド・トゥ・ミー』
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015