ニュース

スナーキー・パピーの鍵盤奏者、ビル・ローレンスのソロ公演が6月に決定

ビル・ローレンス(Bill Laurance)   2017/04/21 14:57掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
スナーキー・パピーの鍵盤奏者、ビル・ローレンスのソロ公演が6月に決定
 世界中から熱い注目を浴び、3度の〈グラミー賞〉に輝く音楽集団スナーキー・パピー。そのオリジナル・メンバーのひとり、キーボード奏者 / 作曲家のビル・ローレンス(Bill Laurance)が、6月12日(月)から14日(水)までの3日間、東京・丸の内 COTTON CLUBにて単独公演を開催。

 14歳の頃からプロ活動を始め、2004年にマイケル・リーグらとスナーキー・パピーを創設。その一方でサリフ・ケイタボビー・マクファーリンスサーナ・バカデヴィッド・クロスビーといった数々の重鎮とも共演し、iTunesのジャズ・アルバム・チャートで首位に輝いた『フリント』(2014年)をはじめソロ作品も現在まで4作を発表しています。ジャズ、クラシック、ワールド・ミュージック、エレクトロニクスといった、あらゆるジャンルを横断するローレンスの音楽世界がステージで披露される公演です。

 座席の予約は4月22日(土)より受付開始。詳しくはCOTTON CLUBのウェブサイトでご確認ください。



ビル・ローレンス
www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/bill-laurance/

2017年6月12日(月)〜14日(水)
東京 丸の内 COTTON CLUB
チャージ 6,500円(税込 / 飲食代別)
予約受付開始: 2017年4月22日(土)〜


[メンバー]
Bill Laurance(p, key)
Chris Hyson(b)
Joshua Blackmore(dr)
Felix Higginbottom(per)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015