ニュース

スナーキー・パピーの鍵盤奏者、ビル・ローレンスのソロ公演が6月に決定

ビル・ローレンス(Bill Laurance)   2017/04/21 14:57掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
スナーキー・パピーの鍵盤奏者、ビル・ローレンスのソロ公演が6月に決定
 世界中から熱い注目を浴び、3度の〈グラミー賞〉に輝く音楽集団スナーキー・パピー。そのオリジナル・メンバーのひとり、キーボード奏者 / 作曲家のビル・ローレンス(Bill Laurance)が、6月12日(月)から14日(水)までの3日間、東京・丸の内 COTTON CLUBにて単独公演を開催。

 14歳の頃からプロ活動を始め、2004年にマイケル・リーグらとスナーキー・パピーを創設。その一方でサリフ・ケイタボビー・マクファーリンスサーナ・バカデヴィッド・クロスビーといった数々の重鎮とも共演し、iTunesのジャズ・アルバム・チャートで首位に輝いた『フリント』(2014年)をはじめソロ作品も現在まで4作を発表しています。ジャズ、クラシック、ワールド・ミュージック、エレクトロニクスといった、あらゆるジャンルを横断するローレンスの音楽世界がステージで披露される公演です。

 座席の予約は4月22日(土)より受付開始。詳しくはCOTTON CLUBのウェブサイトでご確認ください。



ビル・ローレンス
www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/bill-laurance/

2017年6月12日(月)〜14日(水)
東京 丸の内 COTTON CLUB
チャージ 6,500円(税込 / 飲食代別)
予約受付開始: 2017年4月22日(土)〜


[メンバー]
Bill Laurance(p, key)
Chris Hyson(b)
Joshua Blackmore(dr)
Felix Higginbottom(per)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編][インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ
[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』
[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』
[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015