ニュース

BiSからワキサカユリカが脱退!最新作ワッキーさよなら仕様の発売も決定

BiS   2013/02/06 16:01掲載
はてなブックマークに追加
BiSからワキサカユリカが脱退!最新作ワッキーさよなら仕様の発売も決定
 3月13日(水)に新作『BiSimulation』の発売、3月16日(土)には東京・両国国技館でのワンマン・ライヴ〈WHO KiLLED IDOL?〉開催を控える突撃アイドル研究集団、BiS。絶好調の同グループから、メンバー・ワキサカユリカが脱退。両国国技館公演が最後のステージとなることが発表となりました。

 昨年のメジャー・デビューにあたり、ミチバヤシリオと共に新メンバーとして加入、BiSの進化に大きく貢献した“わっきー”ことワキサカユリカ。自身のブログ「決まってないです。」で2月6日に公開した投稿(ameblo.jp/yurikawakisaka/entry-11464780283.html)では、脱退に至った経緯とBiSへの思いが克明に綴られています。両国国技館公演までの短い期間、わっきー最後の雄姿をぜひご確認ください!

 また、わっきー脱退を受け、新作『BiSimulation』の初回限定盤(LIVE盤のみ / CD + DVD AVCD-48642〜B 税込3,570円)に初回仕様“ワッキーホンキーバイバーイ仕様 スペシャルブックレット付”の登場も決定!ご購入の際は要チェックです!



BiS ワンマンライブ
「WHO KiLLED IDOL?」


2013年3月16日(土)
東京 両国国技館
開場 16:30 / 開演 17:30
アリーナ席 5,000円 / マス席(2人) 7,000円 / マス席(1人) 4,000円(共に税込 / 全席指定)
※プレミアム、ゴールド、シルバー各チケットは席数限定での販売となる為、一般発売での販売有無は未定となっております。
※4歳以上はチケットが必要になります。
チケット発売: 2月16日(土)10:00〜
ぴあ / ローソン / e+

■2013年3月13日(水)発売
BiS
『BiSimulation』


LIVE盤 CD + DVD AVCD-48642〜B 税込3,570円
MUSIC VIDEO盤 CD + DVD AVCD-48643〜B 税込1,890円
通常盤 CD AVCD-48644 税込1,050円

[CD(全形態共通)]
01. BiSimulation
02. Hide out cut
03. BiSimulation –Acappella-
04. Hide out cut –Acappella-
05. BiSimulation –Instrumental-
06. Hide out cut –Instrumental-

[LIVE盤 DVD]
2012.7.13 LIVE“BiSメジャーデビュー記念直前大パーティまだメジャーじゃないもん!!”@新宿LOFT

[MUSIC VIDEO盤 DVD]
・MUSIC VIDEO “BiSimulation -color ver.-”
・MUSIC VIDEO “BiSimulation -monochrome ver.-”
・“BiSimulation” メイキング映像

[初回封入特典]
・ミニ生写真(6種ランダム封入)
・初回仕様初回限定ワッキーホンキーバイバーイ仕様 スペシャルブックレット付(LIVE盤のみ)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015