ニュース

BTS、オンラインコンサート開催 “一緒に踊りましょう!”

BTS(防弾少年団)   2021/10/25 15:18掲載
はてなブックマークに追加
BTS、オンラインコンサート開催 “一緒に踊りましょう!”
 BTSが10月24日、オンラインコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」を盛況のうちに終えました。 BTSは1年ぶりのコンサートだっただけに、いつにも増して華やかでダイナミックなパフォーマンスを披露しました。

 新しいツアーの開始を知らせた同日のコンサートは、世界197ヵ国及び地域で視聴されました。

 BTSはオンラインで行われた「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」において、「(踊るのに)他の誰かの許可は必要ありません。 僕たちと一緒に踊ってください」とし、最後の曲として「Permission to Dance」を選曲しエネルギッシュな余韻を残しました。

[ライヴ・レポート]
 BTSはこの日のコンサートで約150分間 「ON」、「FIRE」、「Dope」、「DNA」をはじめ「Blood Sweat & Tears」、「Life Goes On」、「Dynamite」、「IDOL」、「Permission to Dance」など24曲を熱唱した。

 「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」は、 曲別コンセプトとメッセージによって5つの独立的なセクションで構成されているため、ステージセットもそれぞれ違った雰囲気で組まれている。

 金網でできたステージで情熱的に踊るBTSの姿で「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」の幕が開かれた。 BTSは会場の熱気を盛り上げる情熱的なオープニングステージを皮切りに、雄大で深みのあるパフォーマンス、柔らかくて暖かい雰囲気に続き、楽しい瞬間まで多彩な曲で舞台を埋め尽くした。

 特殊効果と巨大なLEDを活用した 「Black Swan」、「FAKE LOVE」パフォーマンスが観客を魅了し、バンドの編曲として生まれ変わった「Life Goes On」、「Boy With Luv (feat. Halsey)」、「Dynamite」はユニークな見どころを披露した。

 BTSは「Telepathy」のステージでは、 ファンに近づきたいという気持ちを込めて 準備した移動車の上で歌った。さらに風船や花びらなど繊細な小物まで、「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」を一層豊かにした。

 ステージの最後を飾った曲は「Permission to Dance」だった。 BTSはこの曲を通じて「ダンスは気が向くままに、許可なく思う存分踊ってもいい」という今回のコンサートのメインメッセージを全世界に伝える肯定的なエネルギーを発散して公演を締めくくった。最後は余韻が残るものだが、「Permission to Dance」が残した余韻はエネルギー溢れる余韻だった。

 最初はオフラインコンサートとして準備されていたが、コロナの状況によりオンラインで行われた「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」には、大型スタジアムコンサートの壮大な規模とリアルな臨場感をそのまま伝えるため、大型LED画面と最先端技術が導入された。

 BTSコンサート史上最大サイズのLED(50mX20m)が設置され、スタジアム会場の膨大なステージセットを画面上でも体験できるようにし、4K/HDの鮮明な高画質と、観客が直接6つの画面で見たい画面をリアルタイムで選択して観覧できる「マルチビュー」サービスも提供された。

 今回のコンサートで新たに導入された「Visual Effect View(VEV)」サービスも同様に、観客がオンライン公演を惜しむ気持ちをなだめるのに一役買った。VEVはVJソース、歌詞グラフィック、中継効果などが結合した画面を通じて、実際の公演会場でしか見られないLED効果がオンライン配信画面にもそのまま具現される技術で、観客の満足感を一層高めた。

 7人のメンバーは、公演が大詰めを迎えると、ファンに心を込めて思いを伝えた。 BTSは「7人のメンバー全員がこのセットリストを一緒にしながら7人だけで構成されたステージでコンサートをしてみた」とし、「状況が良くなっているような気がする。 本当に“Spring Day”の歌詞通り、近いうちに皆さんに会いに行きますので、もう少し待っていただいて期待してほしい」と語った。 続いて「本日、皆さんにとって素晴らしい公演になることを願っており、わたしたちにとって貴重な時間を作っていただき感謝している」と挨拶した。

 オンラインで行われた「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」を無事に終えたBTSは11月27〜28日、12月1〜2日(現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスのSoFiスタジアムで「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA」オフライン公演を開催、新しいツアーシリーズを続ける。最後の公演(12月2日)はオンラインライブストリーミング予定だ。

 また、ロサンゼルスにある専門公演場「YouTube Theater」で、「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE - LA」をリアルタイム生中継で楽しめる有料オフラインイベント「LIVE PLAY in LA」も開催される。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示

(P)&(C)BIGHIT MUSIC

BTS official site
bts-official.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015