ニュース

ストレンジ・ポップの祖“CAN”、初期作品をSACD化

カン   2004/03/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
ストレンジ・ポップの祖“CAN”、初期作品をSACD化
 音響系、及びストレンジ・ポップの祖として、現在もなおリスペクトされ続けている、ジャーマン・プログレ界のカルト・レジェンド“CAN”。ロック、ジャズ、現代音楽などの様々な音楽要素をミックスした、その実験的な音楽姿勢は今聴いても斬新極まるものでありますが、そんな彼らが残した初期作品たちが、新たにSACD化されることになったそうです。

 今回SACD化されるのは、スペーシーな雰囲気漂うガレージ・ロック・アルバムとなったデビュー作『Monster movie』(写真)に加えて、2代目ヴォーカリストのダモ鈴木によるアナーキーなヴォーカルが堪能出来る『Tago Mago』『Ege Bamyasi』『Future Days』の計4作品。現在までのところ、リリースは海外にて5月4日の予定です。日本では一部のマニア向け音楽と思われがちな彼らですが、その音楽的革新性とクオリティの高さは、同世代に活躍した他のバンドと比べても抜き出た素質を持ったものゆえ、是非ともこれを機に多くの方々に聴いて欲しいものです。
続報
CANのSACD、発売延期パート3
当初の予定から半年遅れとなる10月11日(UK)に発売日が決定した模様です。今度こそは大丈夫だと思います。
[ 2004/09/15掲載 ]
CANのSACD、発売延期パート2
さらにリリース日が延期され、8月31日へとなった模様です。
[ 2004/05/14掲載 ]
CANのSACD、発売延期
リリース日が少し延期され、5月25日へとなった模様です。
[ 2004/03/26掲載 ]
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015