ニュース

豪華面々参加のカーネーション トリビュート・アルバムが登場

カーネーション   2013/11/15掲載(Last Update:13/11/16 16:40)
はてなブックマークに追加
 独特のスタンスを崩すことなく、今なお最前線で活動を続けるカーネーションが、今年で祝結成30周年。これを記念し、豪華面々が参加したカーネーション トリビュート・アルバム『なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?』(PCD-28023 税込2,940円)が登場!12月18日(水)発売です。

 デビュー・シングル「夜の煙突」をカーネーションがシンガーに森高千里を迎えてセルフカヴァーするほか、岡村靖幸曽我部恵一ブラウンノーズ梅津和時山本精一のような巨匠たちから大森靖子カメラ = 万年筆、失敗しない生き方、シャムキャッツスカートBabiミツメ森は生きているといったフレッシュなヤング・ジェネレーションまで、話題のラインナップが名曲群に新たな風を吹き込みます。

 また、ボーナス・トラックとして収録されているラップアイドル“うどん兄弟”とカメラ = 万年筆による衝撃のコラボレートにも要注目!西村ツチカが描くカヴァー・アートもかわいらしい仕上がりです。

 また、12月7日(土)の大阪公演よりスタートするカーネーション30周年記念ツアー〈30年目のカーネーション「きみはいまもぼくよりぼくのことくわしいの?」〉では、本作を店頭に先駆けて販売!足を運ばれる際は要チェックです。

[発起人・澤部 渡(スカート)からのご挨拶]
 まず、カーネーションさま、30周年おめでとうございます。そして今回、楽しみながら力を貸してくださったアーティストのみなさま、本当にありがとうございます。未熟な発起人だったと思いますが、周りの協力もあり、こうして1枚のCDにまとめることができました。マスタリングを終え、CDが一周したとき、ぼくはカーネーションのソングライティングの芯の強さを感じる事ができました。

 アレンジをしたアーティストの手腕はもちろんですが、このトリビュート・アルバムがここまでの充実作になったのはそこに起因するものが大きいとぼくは確信しています。まだカーネーションを知らない若い世代、なんとなくカーネーションを取りこぼしたまま大人になってしまった方々、そして、これまでカーネーションを聴いてきたぼくのような人たちがカーネーションというバンドについて、今一度考える(もしくは発見 / 体験)きっかけになったこれほどうれしいことはありません。是非、楽しんでいただければ、と思います。

澤部 渡(スカート)


■2013年12月18日(水)発売
カーネーション トリビュート・アルバム
『なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?』

PCD-28023 税込2,940円

[収録曲]
01. 森高千里 with カーネーション
「夜の煙突」(1984年 デビューシングル) 
02. ミツメ
「YOUNG WISE MEN」(1988年『YOUNG WISE MEN』)
03. シャムキャッツ
「からまわる世界」(1991年『エレキング』)
04. 大森靖子
「The End of Summer」(1992年『天国と地獄』)
05. 岡村靖幸
「学校で何おそわってんの」(1992年『天国と地獄』)
06. ブラウンノーズ&梅津和時
「ダイナマイト・ボイン」(1994年『EDO RIVER』)
07. 曽我部恵一
「Edo River」(1994年『EDO RIVER』)
08. カメラ = 万年筆
「トロッコ」(1994年『WACKY PACKAGES』)
09. 失敗しない生き方
「グレイト・ノスタルジア」(1996年『GIRL FRIEND ARMY』)
10. Babi
「60wはぼくの頭の上で光ってる」(1997年『booby』)
11. スカート
「月の足跡が枯れた麦に沈み」(1999年『Parakeet & Ghost』)
12. 山本精一
「未来図」(1912年『SWEET ROMANCE』)
13. 森は生きている
「Bye Bye」(1912年『SWEET ROMANCE』)

[ボーナス・トラック]
14. うどん兄弟 with カメラ = 万年筆
「Edo River」(1994年『EDO RIVER』)

CARNATION 30th Anniversary Winter Tour
30年目のカーネーション
「きみはいまもぼくよりぼくのことくわしいの?」


・2013日12月7日(土)
大阪 umeda AKASO
開場 17:00 / 開演 18:00
前売 4,500円 / 当日 5,000円(別途ドリンク代)
学割チケット2,500円(当日要学生証持参)
※学割申し込みは専用フォームからのみとなります。
ぴあ(P: 212-694) / ローソン(L: 56126) / e+
※お問い合わせ: GREENS 06-6882-1224

・2013日12月8日(日)
名古屋 TOKUZO
開場 17:00 / 開演 18:00
前売 4,500円 / 当日 5,000円(別途ドリンク代)
学割チケット2,500円(当日要学生証持参)
※学割申し込みは専用フォームからのみとなります。
ぴあ(P: 212-528) / ローソン(L: 43101) / e+
※お問い合わせ: JAILHOUSE 052-936-6041

・2013日12月14日(土)
東京 クラブクアトロ
開場 17:00 / 開演 18:00
前売 4,500円 / 当日 5,000円(別途ドリンク代)
(オールスタンディング)
学割チケット2,500円(当日要学生証持参)
※学割申し込みは専用フォームからのみとなります。
ぴあ(P: 212-748) / ローソン(L: 76278) / e+
※お問い合わせ: 渋谷クラブクアトロ 03-3477-8750

[ツアーサポート]
張替智広(dr) / 藤井 学(key)

[ゲストアクト]
スカート
澤部 渡(vo, g) / 佐久間裕太(dr / 昆虫キッズ) / 清水瑶志郎(b / マンタ・レイ・バレエ) / 佐藤優介(key / カメラ = 万年筆)

※全公演未就学児童の入場不可
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015