ニュース

きゃわふるTORNADOが2周年記念のワンマン・ライヴを渋谷 TSUTAYA O-WESTにて開催

きゃわふるTORNADO   2018/12/13 14:23掲載
はてなブックマークに追加
きゃわふるTORNADOが2周年記念のワンマン・ライヴを渋谷 TSUTAYA O-WESTにて開催
 2016年2月11日にデビューした、6人組“超強炭酸・全力アイドル”きゃわふるTORNADOが、2周年を迎える2019年2月11日(月・祝)に東京・渋谷 TSUTAYA O-WESTにてワンマン・ライヴ〈きゃわふるTORNADO 2nd Anniversary ONE-MAN LIVE T-04 〜超・強炭酸 ROCK GO!〜〉を開催。強炭酸TICKET(3,000円 / 特典付)、20代限定・炭酸野郎TICKET(2,000円)、10代限定・微炭酸TICKET(1,000円)、女性限定・女きゃみ様TICKET(入場無料)のチケット4種が特設ページにて販売されています。

 今年はシングル「NEVER ENDING STORY」「トビキリナミダ」や映像作品『きゃわふるTORNADO 1st Anniversary ONE-MAN LIVE TORNADO 02 〜2190“FUN”Tasy〜』のリリースに加え、CDの売上のみで東名阪を回る〈サバイバルツアー〉の敢行や〈MARQUEE祭〉〈@JAM the Field〉などへの出演、各曲のパワープレイなどでも注目を浴びたきゃわふるTORNADO。その集大成となるワンマン・ライヴは、2017年にもワンマン・ライヴを行ったTSUTAYA O-WESTでの開催。会場は、キャパアップよりも「この会場にお客様が入りきらなくなるまで、本当の意味でのワンマンライブが実現するまで、この場所を大切にして行きたい」「人を動かすには全力な姿のみ」という信念を貫いた上での選択とのこと。詳しくはオフィシャル・サイトにてご確認ください。

拡大表示

きゃわふるTORNADOは2019年2月11日に2歳になります〜!
長かったようで本当に一瞬。私たちがこうして活動を続けられるのも日頃から応援をしてくださるファンの皆様のおかげです!
チケットを完売させたい、沢山の人に見てもらいたい、売れたい、、、などの想いはもちろんあります!だけどそれよりも、来てくれた人全員が笑っていられる、熱くも暖かい空間を作ることが出来たらいいなぁ。「そんなの嘘だあ」って思う人もとりあえず、きゃわふるの超強炭酸ワンマンライブを見てください!
絶対に後悔させない!
2年間で苦しいこと悲しいこと沢山あったけど、「きゃわふるでよかった」「きゃわふるでもっと上にいきたい」活動をするにあたってそんな想いが日に日に強くなってます。
全ての思い出が今考えるとキラキラしていて宝物です。2周年ワンマンも最高の時間にします!

――神咲くるみ(リーダー)

1周年ワンマンライブを行ったTSUTAYA O-WESTは私達にとって思い出の深い場所!またこうして2周年の記念すべき日に、再びライブをすることができること本当に楽しみです。当日ステージから見える景色や、みんなの最高の笑顔を想像してニヤニヤしています。笑
来てくださった方みんなが「笑顔になってもらうこと」が、私にとって1番の幸せです!こうしてきゃわふるTORNADOの杏斉ゆかとしてステージに立てることの喜び、今まで支えてきてくださった方に感謝の気持ちを歌に込めて、会場を鳥肌が立つ人でいーーーっぱいにしたいです!
待ってろよ!2019年2月11日!

――杏斉ゆか

早いもので5回目となるワンマンライブがデビュー日当日の2019年2月11日に決定しました。
なんと、今回で5回目となるワンマンライブ。
デビューして2年、こんなにもワンマンライブを重ねてこれるなんて思ってもみなかったので自分自身驚きが隠せないです。これも、沢山の方に支えられてきた証。ファンの方初め、沢山のスタッフにも本当に感謝です。気付いたらあっという間に10回目とかになってそうですね
今回のワンマンライブは2nd Anniversary! その名も「超・強炭酸 ROCK GO!」
今年1年何かと口にしてきた強炭酸という言葉なのですが(笑)メンバー6人がステージで弾けるパワー、そして音楽!全身からSPARKするを「気迫」を浴びて「強炭酸」を感じて貰えたらなと思います。
ようするに、ドキドキワクワク、チョー楽しい!です。
特別な時間を沢山の方に受け取って欲しいです。

――石川野乃花

結成時は早くデビューしたいなって気持ちが、今やデビューしてもうすぐ2年……感慨深いものがありますね〜!
このワンマンも俗に言う『平成最後のワンマンライブ』だけど、このワンマンはアイドル界に新たな風を巻き起こすワンマンにしたいな!って考えています。
色んなものが終わっていく中、次の時代を支えるのが私たちでありたい、新しい時代で有名になるのは私たちだ、そうなりたいからこのワンマンライブを成功させたい!
だからこそ色んな人に1人でも多くの人と私たちのライブで楽しんで欲しい!!
2年目は関東だけでなく、名古屋・関西にも行って沢山挑戦してきました!1年目より大きくなれた私たち、『強炭酸』のように、力強く、トビキリ輝いた私たち6人の姿を2月11日はお届けします!

――道地文子

ワンマンライブ!2月11日! @TSUTAYAO-WEST
きゃわふる1周年ライブの地!に帰ってきた!
1年経ってパワーアップして帰ってきます!
2年目の超強炭酸状態のきゃわふるTORNADOをご覧あれ!
きゃわふるTORNADOの別所佳恋です!
ワンマンライブは、私たちだけを見に来てくれているお客さんで客席がいっぱいになるのでとても楽しみです。歌を頑張って成長してる姿を魅せられるように頑張ります!!!!!
みんな絶対に来てね!10代は1,000円、20代は2,000円、その他は3,000円。
だ!け!ど!2月にあるサンクスライブというのに無料で入れるから実質1500円!
どれもお得!し!か!も!女性は無料!女の子も男の子もみんなきてね!きゃわふるが全力で旋風巻き起こして楽しませるよ!
2月が待ち遠しい!

――別所佳恋

去年のワンマンライブでは感動しすぎて大号泣で、思いっきりパフォーマンスできなかったから、今年はしおりんらしく笑顔で悔いなくライブできるように頑張りたい〜!!!
きゃわふるの楽曲はかっこいい、かわいい、おもしろい、楽しい、エモい、爽やか、、、いろんなジャンルの曲があるから、それにあった表情や歌、声、煽りを意識したいな?って...^^
自分が泣いちゃうじゃなくて、人に感動を与えるパフォーマンスをして、来てくれた人みんながびっくりして、愕然としちゃうくらい「きゃわふるすごいぞ!負けないくらい声だそ!」なんて思ってもらえるように、ワンマンライブに向けて頑張っていきたいなって思います^^
2月11日最高の強炭酸にしようね〜^^

――宮瀬しおり

きゃわふるTORNADO
2nd Anniversary ONE-MAN LIVE T-04 〜超・強炭酸 ROCK GO!〜


2019年2月11日(月・祝)
東京 渋谷 TSUTAYA O-WEST
開場 17:00 / 開演 18:00
強炭酸TICKET 3,000円
※特典: 2/23(土)に開催される「ワンマンサンクスライブ(チケット代1,500円)」へのご招待
20代限定 炭酸野郎TICKET 2,000円
10代限定 微炭酸TICKET 1,000円
女性限定 女きゃみ様TICKET 入場無料
※販売期間: 〜2019年2月10日(日)23:59
※全席立ち見
※特別エリア: 女性観覧エリア / 車椅子の方は座って見られる席をご用意


[手売りチケット]
物販等での手売りチケット(3,000円)は、2019年1月11日(金)の定期公演から販売いたします。ご入場順は、当日券以外の全券種のお客様がご入場後となります。

cawaful.com/ticket365
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015