ニュース

ショーン・レノンとレス・クレイプールによるプロジェクトがMVを公開

クレイプール・レノン・デリリウム(CLAYPOOL LENNON DELIRIUM)   2019/02/08 13:36掲載
はてなブックマークに追加
ショーン・レノンとレス・クレイプールによるプロジェクトがMVを公開
 ショーン・レノンプライマスレス・クレイプールによるプロジェクト、クレイプール・レノン・デリリウム(The Claypool Lennon Delirium)が2月22日(金)にリリースする2ndアルバム『サウス・オブ・リアリティ』(SICX-121 2,400円 + 税)から「ブラッド・アンド・ロケッツ」のミュージック・ビデオを公開。

 「ブラッド・アンド・ロケッツ」はメランコリックで憂いのあるメロディとレス・クレイプールの超絶ベースが印象的な、中期から後期のビートルズを彷彿させる楽曲。NASAの宇宙開発計画に大きな影響を与え“宇宙開発の真の父”とも呼ばれるロケット科学者でありながら、オカルトにのめり込み、歴史から抹消されたジャック・パーソンズをテーマにしています。

 このMVについてショーン・レノンは、「ジャック・パーソンズは月へ行くための液体燃料技術を開発した天才ロケット科学者で宇宙開発のパイオニアだった。彼は後にNASAとなるジェット推進研究所(JPL)を設立したこともあり、月の裏側の大きなクレーターが彼の功績にちなんで命名された(パーソンズ・クレーター)。しかし、彼はアレイスター・クロウリー(20世紀最強の黒魔術師にして“世界で最も邪悪な男”と呼ばれている)のカルト教団「東方聖堂騎士団」の敬虔なリーダーとなり、パサデナの彼の自宅で官能的な儀式を秘密裏に行なっていた。彼のオカルトへの執着がみずからを終焉に招いたとみる向きもある(パサデナの自宅で化学燃料を用いた秘密裏に行なっていた錬金術の実験中に大爆発事故で死去)。リッチ・ラグスデールが監督するこのビデオは、その数奇な人生と狂気の世界を見事に正確に表現している。バフォメット(山羊の頭を持った悪魔)はもうひとりのアメリカの英雄、マーロン・ブランドをかなりもっともらしくイメージしている。みんなに楽しんでもらえると嬉しいよ」と語っています。

 「ブラッド・アンド・ロケッツ」のミュージック・ビデオの監督は、ショーンの以前のバンド、ゴースト・オブ・ア・セイバー・トゥース・タイガー(「ANIMALS」)や、アヴィーチー(AVICII VS LENNY KRAVITZ「SUPERLOVE」)、セオリー・オブ・ア・デッドマンアット・ザ・スカイラインズなどの作品も手掛けたリッチ・ラグスデール。MV制作のいきさつについてラグスデールは、「昨年、ショーンは私にジャック・パーソンズに関する本を送ってくれて、これを基にアニメーションでミュージック・ビデオを作ってくれないかと聞いてきた。私はプロのアニメーターではないけれど、挑戦してみたんだ。何ヵ月も太陽を拝まぬまま制作してきたものは、最終的にパルプ・サイエンスフィクションの世界へ深く誘うものになった。爆発物、ロケット科学、セックス・マジック、バビロニアの女神がジャックの分離した頭とともに踊りまわり、宇宙の男根像が天の球体を受胎させる……少なくともジャック・パーソンズの数奇な運命をイメージするものができたと思っている」とコメントしています。

 ジャック・パーソンズについてはこれまでにも数々のドラマや映画も制作されており、アレイスター・クロウリーはこれまでロックの文脈の中でも語られています。ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のジャケットにも登場(一番左上から2番目)、オジー・オズボーンの「Mr.Crowley」やローリング・ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」のモチーフになり、デヴィッド・ボウイの「Quicksand」の歌詞にも登場、ジミー・ペイジに至ってはネス湖のほとりにあるクロウリーの館を購入しています。



■2019年2月22日(金)発売
ザ・クレイプール・レノン・デリリウム
サウス・オブ・リアリティ

CD SICX-121 2,400円 + 税

[収録曲]
01. リトル・フィッシズ
02. ブラッド・アンド・ロケッツ
03. サウス・オブ・リアリティ
04. ボリスカ
05. イージリィ・チャームド・バイ・フールズ
06. アメジスト・レルム
07. トーディマンズ・アワー
08. クリケット・クロニクルズ・リヴィジテッド
09. ライク・フリーズ
10. 天の支配
11. ボリスのくも野郎
12. クリムゾン・キングの宮殿
14. Satori
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015